ヘルスケアのデータストレージソリューション

1,000を超える病院や医療システムが、シンプルな管理、コストの削減、ダウンタイムゼロの高性能ストレージシステムを提供するために、DataCoreのソフトウェアディファインドストレージを利用しています。

概要

病院や医療システムは、施設の運営、患者ケアの改善、コストの抑制に役立つ情報テクノロジーの爆発的な普及の恩恵を受けています。また、このようなデータの流入に伴い、病院のITチームは、急速に増加する医療情報のプールを管理し、安全性とコンプライアンスを確保し、常にアクセス可能な状態にし、危険な状態にならないようにするという大きな責任を負っています。

「私たちは小規模なIT部門なので、様々な役割を担っており、あちこちから引っ張りだこです。そのため、DataCoreの管理のシンプルさと使いやすさは、費用対効果や総合的なパフォーマンスと同様に重要な要素です」

Mission Community Hospital
最高情報責任者、Dustin Fennel

私たちは他にも多くのテクノロジーを見てきました。DataCoreのSoftware-Defined Storage製品の機能は、当社の妥協のない標準に準拠しているだけでなく、私たちの使命にとって重要な、中断のないシームレスな患者ケアの提供を可能にしています。

Englewood Hospital & Medical Center Englewood Hospital & Medical Center

私たちは小規模なIT部門なので、様々な役割を担っており、あちこちから引っ張りだこです。そのため、DataCoreの管理のシンプルさと使いやすさは、費用対効果や総合的なパフォーマンスと同様に重要な要素です。私たちのチームが複数の施設のITを担当するように求められた場合、新しく買収した病院のシステムを既存のインフラストラクチャの下に置くことができます。なぜなら、この成長をサポートするソフトウェアディファインドインフラストラクチャがあるからです。

Mission Community Hospital Mission Community Hospital

高可用性は、DataCoreを採用し、利用を継続するための最初の、そして最も重要な理由でした。現在、病院運営にとってミッションクリティカルなすべてが、DataCoreソフトウェアディファインドストレージプラットフォームによってサポートされています。ユーザーは、データへのアクセスが高速になるだけでなく、サーバー容量の増加によるメリットも得られます。

ストレージグループ責任者、Rogee Fe de Leon Maimonides Medical Center

病院のIT部門が抱える主な課題

ヘルスケアデータのバックアップ

24時間365日リアルタイムのデータにアクセスする必要性に応える

ライフクリティカルな医療アプリケーションで高いデータアクセシビリティを確保するために、医療機関は、より多くの容量、優れた耐障害性、より高速なパフォーマンスを備えた、HIPAA準拠のストレージソリューションの実装という課題に直面しています。病院のデータアクセス時、常にリアルタイムでアクセスできるよう、さまざまなストレージシステムをまたいだHA構成にSoftware-Defined Storageを搭載することで、すべてのストレージリソースの可用性、機能、効率性を常に最大限引き出すことができます。

DataCoreが病院を支援する方法:

  • DataCoreのSoftware-Defined Storageプラットフォームは、病院や医療システムにおいて、障害を軽減し、ダウンタイムをゼロに達成できます。また、ミラーリングやレプリケーションなどのビジネス継続性と高可用性を実現するさまざまな実装モデルにより、RPO(目標復旧時点)とRTO(目標復旧時間)のゼロを実現できます。
  • DataCoreのプラットフォームは拡張性に優れており、病院は一度購入すれば永久に使用できます。ハードウェアが変更された場合でも、DataCoreならNVMeなどの新しいテクノロジーのシームレスな採用を簡素化でき、データ移行に必要な手作業が不要になります。
  • DataCoreのプラットフォームは、ボトルネックを削減し、I/Oを並列化する特許取得済みの技術を使用することで、最速の応答時間を実現し、既存システムのパフォーマンスを大幅に向上させ、新しいシステムでは最大のスループットを実現します。
互換性のない設備を通じて医療記録を保存する

異なるレガシーシステムのデータの管理と統合

病院や医療システムの合併や買収は、コストの削減、利便性の向上、アウトカムの改善など、医療にプラスのメリットをもたらしますが、IT管理チームは、以前は分散していたレガシーシステムのデータを管理・統合し、これまでの投資の価値と寿命の最大化に関連した問題に苦慮しています。

DataCoreが病院を支援する方法:

  • DataCore’s software-defined storage solution provides a virtualized pool that abstracts storage infrastructure from disparate vendors and technologies into one common set of enterprise-wide services with one management interface.
  • 合併や買収の後、ベンダーに依存しないDataCoreプラットフォームは、病院システムの集合的なリソースを収集し、潜在的な違いがあっても、それらを一元的かつ統一的に管理します。この違いには、メーカー、レガシーモデル、使用中の機器の世代間の非互換性が含まれます。
  • サブLUNレベルで動的に自動化された階層型ストレージにより、より高速なパフォーマンスを必要とするアプリケーションは、移行や人的介入を必要とせずに、常により高速なハードウェアにアクセスできるようになります。
ディザスターリカバリーのための非同期レプリケーション

自然災害やサイバー攻撃から病院の将来を保証する

医療データを保存する場合、組織は、臨床医が患者の治療に必要なデータにアクセスすることがほぼ不可能となってしまう、ランサムウェア攻撃やその他の予期しない壊滅的なイベントの継続的な脅威に直面します。現在の状況では、データ保護ソリューションが病院や医療システムにとって意味をなすかどうかではなく、それがいつ必要となり、どれくらい迅速に稼働させられるのかという問題になっています。

どのベンダーもリアルタイムで常時稼働する病院データへのアクセスを約束していますが、チェックボックスの項目のように細かく設定されているわけではありません。まず、データ保護アーキテクチャとテクノロジーの間には重要な違いがあります。病院は、どちらが導入しやすいか、それぞれのアプローチでどの程度の柔軟性があるかを検討する必要があります。フェイルオーバーにはどのような手動介入が必要なのか、また、ケアチームや人命を救う可能性のあるアプリケーションにどのような影響があるのか。プライマリーシステムへのフェイルバックと、インシデント前の状態へのシステムの復元はどの程度簡単なのでしょうか。

DataCoreが病院を支援する方法:

  • ゼロタッチ、ダウンタイムゼロということは、病院のデータが常に利用可能であることを意味します。バックアップコピーやディザスタリカバリサイトからデータを復元するために、手動プロセスは必要ありません。ストレージの障害は、フェイルバックと同様に、ダウンタイムなしで自動的に処理されます。
  • DataCore’s synchronous mirroring capability enable virtually zero RTO and zero RPO. For disaster recoveries, asynchronous replication scheme assures another copy of the hospital’s data is available hundreds of miles away.
  • ランサムウェアやその他の攻撃から保護するために、継続的なデータ保護はタイムマシンのように機能し、攻撃の数秒前の任意の時点に復元することができ、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができます。
高性能の患者データストレージ

大量の医療データ周辺のコスト削減と計画

急増するストレージコストは、価値に基づく治療への移行によって既に削減されている病院のIT予算を侵食しています。組織が新しいデジタルテクノロジーに対応するためにインフラストラクチャを拡大するのに伴い、収集および保存される医療データの量も増加し続けることが予想されます。

病院のCIOとそのチームは、既存のインフラストラクチャをリッピングしたり置き換えたりすることなく、増加するパフォーマンス要求にどのように対応しているのでしょうか?DataCoreは、異なるベンダーのシステムのストレージを統合し、パフォーマンス要件に基づいてワークロードを最適なストレージ階層に動的に割り当てる仮想ストレージプールを提供することで、病院が利用可能なすべてのリソースを効率的に使用しながら、アプリケーションのスケールアップやスケールアウトできるようにします。

DataCoreが病院を支援する方法:

  • DataCoreにより、異機種混在ストレージシステムの統合管理が可能になり、生産性が大幅に向上します。新しいストレージ要求はソフトウェアコンソールからプロビジョニングできるため、アレイレベルで容量を管理および計画する必要がなくなります。
  • DataCoreのSDSソリューションを導入すれば、新しいアレイが追加されたときや古いアレイが廃止されたときに、データの移行に時間を費やす必要がなくなります。システムはアプリケーションを動的に最適化し、最適なパフォーマンスのストレージを自動的に利用します。
  • シンプロビジョニングやその他の特許取得済みのテクノロジーにより、ストレージシステムの効率が向上し、投資要件が大幅に削減されます。DataCoreを使用すると、低コストのストレージアレイを効率的に導入し、はるかに高価なシステムに匹敵するパフォーマンスとデータサービスを提供できます。

リソース:医療データストレージの課題に対処する方法

医療機関が喫緊の課題としているストレージの課題へのチームによる対応をDataCoreがどのように支援できるか、また、技術的な約束をどのように実現しているかをご覧ください。

DataCoreのソリューションにより、ITチームは次のことを実現できます。

ディザスターリカバリーのための非同期レプリケーション

セーフガード

  • データの継続的な可用性
  • ディザスタリカバリ
  • リモートレプリケーションと同期ミラーリング
互換性のない設備を通じて医療記録を保存する

保管

  • 未使用のストレージの再利用
  • データアクセスの改善
  • ハードウェアの独立性を確保
ヘルスケアデータのストレージを高速化

迅速

  • 応答時間の改善
  • 迅速な移行とプロビジョニング
  • ストレージのボトルネックとなっているアプリケーションを高速化

重要な患者データの管理アプリケーションの改善

重要なアプリケーションの改善

  • 病院情報システム(HIS)
  • 画像アーカイブおよび通信システム(PACS)
  • 電子健康記録(EHR)
  • ベンダーニュートラルアーカイブ(VNA)
  • クレーム管理と請求
  • 人事管理と給与計算
  • 電子文書管理
  • メール、メッセージング、コラボレーション
  • 入院患者
  • 外来
  • 薬局
  • エンタープライズリソースプランニング(ERP)
  • 研究室

また、以下を含む将来のデータソース:

  • 患者報告データ
  • 患者主導型コミュニケーション

ヘルスケアにおけるDataCoreの成果

アプリケーションの高速化

5X パフォーマンスが即時に向上

可用性の向上

100% ストレージ関連のダウンタイムの短縮

TCOの削減

50% ストレージコストの削減

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう