vvols feature hero icon

vSphere ESXi上でのセルフサービスストレージプロビジョニング

VMware VVolとの統合によるVMのネイティブなポリシーベースのストレージ管理

Hardware-independent storage services eliminate storage challenges in virtualized environments.

使い慣れたVMの操作で様々なストレージの仮想プールからサービスクラスを選択

従来vSpherreの管理者は、新しいデータストアにストレージ容量(LUN)を割り当てるとき、ストレージ管理者の支援が必要となります。複数の複雑な手順を伴う、この時間のかかる、面倒な、間違いが起こりやすい方法は、すべての人の悩みとなります。さらに、ストレージ管理者は、どのストレージがどのVMに割り当てられているかを把握できません。

使用量を把握するためには、VMとLUNのマッピング表を手動で作成するか、またはVMごとに1つのデータストアを作成します。これにより、仮想環境のストレージインフラストラクチャーの管理が複雑で、コストがかかり、柔軟性のないものとなります。

DataCoreはVMware Virtual Volumes (VVols)と統合して、これまで必要だったすべての手動による手順を排除し、セルフサービスのプロビジョニングプロセスを可能にします。vSphereの管理者は、通常のVM作成のワークフローの一部として、処理に最適なサービス品質でDataCore仮想ストレージプールから容量を切り出すことができます。

使用者がパフォーマンス、データ保護レベル、その他のオプションを指定することのできるポリシーを定義しておくことで、ストレージ管理者は一度プールを設定するだけになります。その時点から、あるVMとそのスナップショットに割り当たられているスペースの量と種類を監視できます。

効果

  • セルフサービスの容量割り当てによる迅速なVMの実装
  • VMware環境でのポリシーベースによるストレージ管理の簡素化
  • ブランドやモデルに依存せず既存および新規のストレージデバイスに柔軟性を拡張

VVOL導入前

VVOL導入後

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう