オブジェクトストレージのためのデータ保護

レプリケーションとイレイジャーコーディングによるエラスティックコンテンツ保護

組織が扱うデータの量は爆発的に増大しており、データ保護の重要性がこれまで以上に高まっています。DataCore Swarmには、スケーラブルなオブジェクトストレージプラットフォームでのデータの保存とアクセスの提供に加えて、レジリエンスとデータの耐久性を改善するための組み込みのデータ保護機能も備わっています。

Swarmのエラスティックコンテンツ保護では、レプリケーションおよびイレイジャーコーディングの自動管理と、継続的な整合性チェックおよび高速なボリュームリカバリーを組み合わせています。Swarmの革新的な分散アルゴリズムにより、すべてのノードを動員して失われたデータをリカバリします。これはクラスタが大きくなるほど高速になります。

レプリケーション

コピーベースの保護

データ冗長性に関する保護の最もシンプルな形式はレプリケーションです。レプリケーションではコピーベースのデータ保護が使用されます。ノードまたはサブクラスタ全体にコンテンツの完全なコピーが作成および分散されます。レプリケーションでは、最初のビットが識別されるとデータが連続的にディスクに保存されるため、再処理する必要なく高速かつ効率的にコンテンツを提供できます。

レプリケーションは必要に応じて単純にも複雑にもできます。オフサイトのディザスタリカバリ(DR)を作成することも、コラボレーションやデータの局所性のためにN-wayレプリケーションを作成することもできます。データはドメインごとにレプリケーションされるため、レプリケートするデータや場所を選択できます。Swarmでは同期レプリケーションと非同期レプリケーションの両方がサポートされます。

「オリジナル」のオブジェクトのコピーを1つ以上作成し、オリジナルのオブジェクトが何らかの原因で失われた場合に使用できるように維持します。たとえば、致命的なディスク障害が発生した場合でも、Swarmクラスタ全体でアクティブリカバリーを実行するため、比較的短時間でクラスターをフルレプリケーションに復元できます。リカバリーを高速化することで、Swarmは別のディスク障害がクラスタに影響を与える時間を短縮できます。オブジェクトのレプリカを3つ選択する場合、3番目のレプリカは、残りの2つのレプリカによって高速に作成されることが事実上保証されます。

replication for object storage

イレイジャーコーディング

パリティベースの保護

イレイジャーコーディングにより、より小さいストレージ設置面積でエンタープライズグレードのデータ保護が実現します。これは、中程度の大きさのファイルや大規模なコンテンツストアに最適です。Swarmのイレイジャーコーディングを使用すると、ファイルは複数のデータセグメントに分割され、パリティセグメントが計算されます。これによってセグメントの合計数が得られます。追加でコピーを作成する場合と比較すると、使用する容量と運用リソースは少なくなります。

データセグメントの内容に基づいて、ファイルは複数のデータセグメント(K)と追加のパリティセグメント(P)に分割されます。これにより、セグメントの合計数(M)はK + P = Mとなり、M個の異なるSwarmノードまたはサブクラスタに分散します。

イレイジャーコーディングは、オブジェクト単位レベルのRAIDに似ています。いくつかのドライブで障害が発生した場合、可能な限り迅速に状況を修復するためにSwarm内のすべてのノードが並行して動作するため、データは再び完全に保護されます。データセグメントを複数のドライブに配置し、パリティセグメントを複数のドライブに配置することができます。稼働時間の要件を満たすようにクラスタを構成できます。

また、Swarmはドライブの正常性を分析し、データがプロアクティブにコピーおよび保護されていることを確実にするために問題がないかどうかを確認します。このプロセスでは、ドライブで障害が発生する前に潜在的な問題を検出できます。

erasure coding for object storage

耐久性またはアクセスの最適化

Swarmでは、データのレジリエンスとリカバリーのメカニズムを組み合わせることで、データの保護に関する心配をなくし、データを常に利用できるようにします。これらのメカニズムは、最小限の設定または手動介入で動作します。

イレイジャーコーディングによってストレージの設置面積が削減され、データの耐久性が向上すると共に、レプリケーションによって高速なアクセスが確保されます。お客様のビジネス、保持期間、サービスレベルアグリーメント(SLA)の要件に合った保護手法をお選びください。オブジェクトごとに保護ポリシーを設定し、レプリケートおよびイレイジャーコーディングされたオブジェクトを同じサーバーに保存することで、ハードウェアの使用を最適化できます。保護手法は、期間、サイズ、場所、タイプに基づいて自動的に切り替わります。

コンプライアンス規制の準拠

Swarmでは、コンテンツは消去不可かつ書き換え不可能なメディアに保存しなければならないという規制要件を満たすための追加のコンテンツ保護機能を提供しています。Swarmでは、訴訟ホールドを使用することで、指定された時間の指定されたファイルセットのポイントインタイムスナップショットを作成できます。元のファイルまたはクラスタに何が起こるかに関係なく、ファイルはイミュータブルに保存されます。特許技術によって、コンテンツが改ざんされていないことを裁判所で証明することができます。Integrity Sealsはコンテンツのみに基づいており、新しいハッシュアルゴリズムによって古いものが置き換えられるためアップグレードできます。

ソフトウェアディファインドオブジェクトストレージであるSwarmを使ってみましょう