DataCore Swarmの特徴

Swarmを使用すると、スタッフ、リソース、予算が限られている組織が、大規模な分散データワークロードをサポートできるようになります。この包括的な機能セットは、大規模なエンターテインメント企業、スポーツチーム、連邦政府、国立研究所、研究機関、医療施設など、世界中のさまざまな業界の数百の組織からの信頼を日々積み重ねています。

運用とインサイト

Swarm Usage Auditing Metering

使用状況の監査のメータリング&クォータ

ストレージリクエストやログイン試行など、ドメインごとのトランザクションやリクエストのデータフィードにアクセスして、帯域幅の使用状況、アクセス監査、APIリクエストサマリに関する詳細な請求および会計レポートを作成します。

Swarm Identity Management

アイデンティティ管理

エンタープライズアイデンティティ管理ソリューション(LDAP、AD、Linux PAM)やトークンベース認証(Amazon S3 APIやSAML2.0 SSO)のサポートに加えて、マルチテナンシーが組み込まれています。

Swarm Delegation Self Service

委任&セルフサービス

管理者が管理制御を選択的にエンドユーザーに委任し、IT部門の介入なくコンテンツやアクセスを自己管理できるようにします。

Swarm Historical Realtime Charts

履歴&リアルタイムチャート

計画のために、ストレージリソースの使用状況を確認します。

Swarm Health Performance Graphs

状態&パフォーマンスグラフ

管理上の目的のため、インフラストラクチャのパフォーマンスと状態を確認します。

Swarm Orchestration

オーケストレーション

管理APIによって、テナント、エンドユーザー、コンテンツのプロビジョニングとライフサイクル管理を自動化するための、企業のDevOpsへの統合パスが提供されます。

 
 

データとインフラストラクチャの管理サービス

Swarm Universal Namespace

ユニバーサル名前空間

NFS、SMB、Amazon S3、Swarm HTTPなどの複数のプロトコルを通じて、単一の名前空間でファイルにアクセスできます。

Swarm Single Multi Site

単一サイトまたはマルチサイト

Swarm supports single or multi-site deployments (synchronous or asynchronous replication) to satisfy a broad range of use cases and business requirements. Sites can have different hardware configurations and protection schemes.

Swarm Security Compliance

セキュリティとコンプライアンス

企業のニーズに応じて、シンプルなユーザーベースのアクセスから完全なRBACまでセキュリティをスケーリングできます。すべてのコンテンツアクションが監査のために追跡されます。SwarmのIntegrity Sealsとバージョン追跡を使用して、コンテンツの整合性を確保できます。

Swarm Elastic Content Protection

エラスティックコンテンツ保護(レプリケーション+イレイジャーコーディング)

Swarmのエラスティックコンテンツ保護では、レプリケーションおよびイレイジャーコーディングの自動管理と、継続的な整合性チェックおよび高速なボリュームリカバリーを組み合わせています。クラスタが拡大するにつれて、リカバリーオペレーションが高速になります。

Swarm Automatic Failover Recovery

自動フェイルオーバーリカバリー

Swarmアーキテクチャは、入札アルゴリズムを使用して、オブジェクトの格納、配信、リカバリーを行う最も効率的な場所を決定します。問題が発生した場合、Swarmは自動的にリクエストをリカバリーおよびリダイレクトします。

Swarm Encryption In Flight Rest

転送および保存データの暗号化

Swarmでは、保存中のデータ用にフルボリュームAES-256を、Swarmへの転送中のデータ用に標準HTTPSロードバランシングをサポートしています。

Swarm Rapid Expansion

迅速な拡張

Swarmの「非単一障害点」アプローチによって、ストレージのスケーリングが簡単になります。サーバをラックに格納し、Swarmを起動して保管するだけです。すべてのストレージバランシングは自動です。Swarmソフトウェアを、VMや完全なアプライアンスとして利用することもできます。

Swarm Optimize Capacity Performance

容量またはパフォーマンスの最適化

イレイジャーコーディングによってフットプリントが削減され、データの耐久性が向上すると共に、レプリケーションによって高速なアクセスが確保されます。お客様のビジネス、保持期間、SLAの要件に合ったデータ保護手法を組み合わせてお選びください。

Swarm Search Query

検索とクエリ

SwarmはElasticsearchとシームレスに統合されており、幅広い検索および分析オプションを提供します。コマンドライン、Swarm Webベースコンテンツポータル、Swarm APIからクエリと検索を実行できます。

Swarm File Sharing Streaming Video

ファイル共有、ストリーミング、ビデオクリッピング

Swarmから直接、簡単かつ安全にファイルを共有したり、ビデオをストリーミングしたりすることができます。ビデオクリッピング(部分的なファイル復元)、並列アップロード、範囲読み取りによって、大きなファイルの管理と閲覧が合理化されます。

Swarm Worm Integrity Seals

ワーム&Integrity Seals

コンテンツは消去不可かつ書き換え不可能なメディアに保存しなければならないという規制要件を満たします。さらに、Integrity Sealsによって、コンテンツが改ざんされていないことを裁判所で証明することができます。

Swarm Cloud Disaster Recovery

クラウドディザスタリカバリ

Swarm Cloud DR(Wasabiを使用)は、リモートDRサイトを瞬時に追加するシームレスな方法を提供します。バックアップはカスタマイズ可能で、データはWasabiの世界中に分散したデータセンターのいずれかに複製されます。

コマンドとコントロール

Swarm Console

コンソール

Swarmには、管理者とエンドユーザーがパフォーマンスの傾向を追跡し、コンテンツ使用量クォータを管理/監視するための統合Webコンソールが含まれています。

Swarm Rest Api

REST API

DecOpsチームや開発者がSwarmをエンタープライズアプリケーションやプロセスに統合できるようにするため、Swarmのすべてのコンソール管理およびストレージ機能は管理APIを通じて提供されます。

Swarm Customizable Metadata

カスタマイズ可能なメタデータ

WebブラウザやAPIから、いつでも任意のファイルにカスタムメタデータを追加できます。データをどのように整理、プレビュー、フィルタリングするかを正確に定義し、結果を制限したり、検索を絞り込んだりできます。

Swarm Granular Administration

詳細な管理

サードパーティ管理ソリューションへのシームレスな統合のため、管理者はWebベースのポータルやAPIを介して、テナント、バケット、クォータ、メータリング、アイデンティティ管理ソリューションへの統合を簡単に管理できます。

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう