ビジネス継続性ソリューション:ダウンタイムの削減

問題があっても、インフラストラクチャは常に利用可能な状態にしましょう

マルチレイヤーの保護を利用して継続性、可用性、リカバリーを実現

どの機器もいつかは故障します。信頼性の高いハードウェアであっても、システムの運用を維持するには十分ではありません。ダウンタイムの原因となる多くの機器、環境、人的要因から保護する唯一の方法は、データを透過的かつ自動的にリアルタイムでミラーリングすることです。

アイコン ダウンタイムを心配する必要はありません

ダウンタイムゼロ、RPOゼロ、ゼロタッチ

それぞれが異なる障害ゾーンにある物理的に分離されたノードは、信頼性の高いハードウェアでは実現できないレベルの可用性を提供します。ノードの1つが影響を受けても、他方のノードはアプリケーションへのデータアクセスを提供し続け、稼働時間を確保します。

  • 同期ミラーリングにより、適切なハンドオフを保証する監視が不要になるため、ダウンタイムがゼロになり、フェイルオーバーが完全に自動化されます
  • すべての書き込みが各ノードにミラーリングされ、アプリケーションに対して確認応答が行われます。つまり、RPOはゼロになります
  • データは常に利用可能であり、個々のノードに影響を及ぼす障害によるダウンタイムを排除します
アイコン データに対するすべての変更を追跡する

データに対するすべての変更を追跡する

マルウェア、ウイルス、ランサムウェアは、データを破壊したり、データへのアクセスを妨げたりする可能性があります。DataCoreは、データに対するすべての変更にタイムスタンプを付ける機能と、任意の時点に戻って最後の既知の正常な状態に戻る機能を提供します。

  • 継続的データ保護(CDP)は、データへのすべての書き込みと変更を2週間追跡します。そのため、データは破損する直前の時点に復元できます。
  • RTOの観点では、CDPを使用すると、正常な状態にロールバックして別のファイルサーバーにマッピングする別のボリュームを簡単に作成できるため、プロセスにかかる時間はわずか数分です。
  • CDPを使用すると、企業はマルウェア、ランサムウェア、およびデータを変更するその他の脅威ベクトルに対する保険を手に入れることができます
ディザスターリカバリーのための非同期レプリケーション

ディザスターリカバリーのための非同期レプリケーション

BCP(ビジネス継続性プランニング)では、データストレージに対する脅威を特定して備えることができます。地域で災害が発生し、データセンターが動作しなくなると、DataCoreはディザスタリカバリサイト(別の物理的な場所またはクラウドのいずれか)にデータをレプリケートします。これにより、早期にオペレーションを再開できます。

非同期リモートレプリケーション オフサイトレプリカの図

ビジネス継続性 vs. ディザスタリカバリ:重要な違い

データは組織で最も貴重なリソースであり、データを保護するためには、ビジネス継続性(BC)とディザスタリカバリ(DR)の違いを理解することが重要です。どちらも事前の計画が必要ですが、思っているほど相互に置き換えられるわけではありません。ビジネス継続性とディザスターリカバリーは、災害発生前、災害発生中、災害後の事業運営を保護するために設計された2つの異なる戦略です。BCDRまたはBC/DRソリューションは、企業が不測の事態や破壊的な事象から回復し、データや収益の損失などの大きな影響を受けることなく、事業運営を継続したり迅速に再開したりできるように支援します。

ビジネス継続性

BC計画では、最小限のダウンタイムまたはダウンタイムなしで災害時に不可欠なビジネス機能とプロセスを確実に動作させることが重要になります。これは、企業への潜在的な脅威に対処するための、予防と回復のシステムを作成するプロセスです。ビジネス継続性計画の目標は、予防に加えて、ディザスタリカバリ計画の実行前と実行中に継続的な運用を確保することです。

ディザスタリカバリ

不測の事態によってシステムに障害が発生した場合、組織は迅速に復旧する必要があります。ここで、ディザスタリカバリが役立ちます。TechTargetは、ディザスタリカバリを「組織が災害後もミッションクリティカルな機能を維持したり迅速に再開したりできるようにする」計画と定義しています。大惨事から復旧するために、IT組織には、ダウンタイムを最小限に抑えて必要な水準の生産性を維持しながら、データのバックアップや環境の復元を自動化できる機能が必要となります。

BCDRの詳細については、「オンデマンドウェビナー:不安定な時代におけるビジネス続性施策」をご覧ください。

ケーススタディ:メイモナイズ・メディカル・センター

ニューヨークに拠点を置くメイモナイズ・メディカル・センターは、800人を超える医師を擁する米国最大の独立教育病院です。同病院の最大の問題は、事業継続性の実現でした。つまり、ノンストップの病院運営を実現することでした。

DataCoreを使用することで、メイモナイズは、2つの異なる拠点間で、あたかも同じ場所にあるかのようにアプリケーションを「メトロクラスター化」することができました。何らかの理由で1つの拠点が計画的または計画外の停止によりオフラインになった場合でも、病院のITシステムは稼働を維持し、ノンストップの運用が可能になります。

メイモナイズはDataCoreを使用して、ハードウェアの障害やストレージのメンテナンスによるデータの可用性の低下を解消しました。

完全なケーススタディ

世界中の企業がDataCoreを活用しています

Get Started

DataCoreのゼロタッチ、ダウンタイムゼロの同期ミラーリングにより、ミラーのいずれかの側でストレージ障害が発生した場合でも、データを常に利用できるようにする方法をご紹介します。