多様なハードウェアインフラストラクチャのためのストレージ統合

現代のデータの課題の視点に立ち、ストレージに関する古い有名な格言は無視しましょう。

次のような古くからの原則のいずれかを守っていますか?

  • ストレージハードウェアの陳腐化については何もできません。受け入れましょう。
  • ベンダーからそう言われたら、ストレージハードウェアを交換してください。そうしないと後悔します。
  • お得に購入するために、ストレージはすべて同じメーカーで揃えましょう。
  • ストレージシステムを組み合わせて使用しないでください。混乱しすぎます。

いいですか。どんなに不快に思えても、時代の変化に応じてこのような信念は捨てなければなりません。

ソフトウェアディファインドストレージテクノロジーの大きな進歩により、かつて広く受け入れられていたこれらの公理は時代遅れで、コストがかかり、正当性を欠くものとなりました。これは、包括的で汎用的なストレージシステムが標準であった時代に始まりました。テラバイトが大きな数字で、オンラインとオフラインのデータしかなく、その間には何もない時代でした。また、メンテナンスの停止が許容されていた時代でもありました。

現在、データの量と関連性、および中断のないアクセスには、より繊細なアプローチが求められています。ストレージの価格帯が異なる要因は、データへのアクセス頻度、そして、ダウンタイムなしで異なる世代やモデルの機器間で移行するための手法です。

このページのリソースは、最新のIT環境でデータを保存、取得、保護するための考え方やプロセスの移行に役立ちます。これらは、20年以上にわたる応用と革新の中で完成されたストレージ仮想化技術の最先端を表しています。

NASA

ケーススタディ:NASAステニス宇宙センター

「DataCoreにより、レガシー機器の寿命を延ばすことができるので大幅な節約になりますが、新しい危機をシームレスに統合できるという安心感もあります」

David Oakes, Systems Support Manager
ケーススタディを読む
nasaのミニケーススタディ

ストレージ統合プロジェクトを開始しましょう