インフラストラクチャの最新化ソリューション

エッジからクラウドまで、次世代のイノベーションでストレージインフラストラクチャを強化する

進化を続けるビジネス要件と顧客の期待に応えるためには、ITインフラストラクチャやアプリケーションフレームワーク、運用プロセスを含むIT環境の最新化が必要です。今やIT組織は、サービスイネーブラやコストセンターとしての役割から、付加価値やビジネス変革のための戦略的イノベーションセンターとしての役割へとシフトしました。

ビジネスサービスを迅速かつ継続的に提供するためには、それを支えるITインフラストラクチャに適切なテクノロジーと最先端の手法を導入する必要があります。だからといって、データセンター全体を壊し、入れ替え、作り直す必要はありません。

IT組織に必要なのは、既存のシステムをシームレスに刷新、統合、最適化し、新しいテクノロジーと組み合わせることで、インフラストラクチャの機動力を高め、価値実現までの時間を短縮できるようにすることです。

2020年のIDGの調査によると、ITリーダーの67%がビジネスの変革を実現するためにはITの最新化が不可欠であると考えており、IT予算の40%が最新化の取り組みに充当されていました。

自信を持ってストレージインフラストラクチャを最新化する

Do you spend much time, effort, and money in refreshing your storage hardware and migrating data? Are you on the path of adopting a hybrid cloud strategy? Do you want to manage your growing data requirements with a scalable object storage platform or a distributed file system?

Be it any storage modernization initiative, DataCore software-defined storage solutions deliver the means and mechanics to help you achieve your IT objectives and business outcomes.

Software-defined storage provides unparalleled flexibility in how data is stored, protected, managed, and accessed.

レガシーストレージを、パフォーマンスと可用性に優れたインフラストラクチャに変換することで、最新の技術革新を活用しつつ、今後もますます進化を続けるニーズに備えることができます。

ストレージの更新サイクルをシームレスにナビゲート

ストレージの更新サイクルをシームレスにナビゲート最小限の労力とダウンタイムで、レガシーストレージを更新および拡張することができます。ストレージ仮想化の機能を活用することで、データサービスを基礎となるストレージハードウェアから抽象化し、集約されたストレージプールを作成することができます。

これにより、アプリケーションのアクセスに影響を与えることなく、ストレージプール内のストレージの追加、交換、廃止を容易に行うことができます。複雑なプロセスや追加コストを必要とせず、また継続的なビジネスオペレーションに支障をきたすことなく、異なるデバイス間でデータを移行することができます。

HCIの俊敏性の向上

HCIの俊敏性の向上ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)は、コスト効率、拡張性、管理の簡素化などの面で多くの利点があります。Software-Defined Storageのアプローチにより、次のことが可能になります。

  • コンポーネント(コンピュータ、ストレージ、ネットワークハイパーバイザなど)を自由に選択して、HCIサーバーを簡単にカスタマイズしたり、作成したりできる
  • HCIサーバー上でROBO、エッジ、VDIのワークロードを実行できる
  • 非HCIサーバー上のアプリケーションにHCIストレージを提供できる

ストレージ導入モデルを柔軟に変更

ストレージ導入モデルを柔軟に変更Using the power of a software-defined architecture, you can change between different storage deployment models as your business dictates.

Alternate between using traditional SAN storage, direct-attached storage, and hyperconverged storage, or use a combination of these.

こうした柔軟性があることで、アプリケーションに影響を与えることなく、必要に応じてストレージインフラストラクチャを変えていくことができるのです。

クラウドをIT環境に組み込む

クラウドをIT環境に組み込むControl the costs of your sprawling on-premises NAS infrastructure by extending storage to the cloud.

Offloading cold/inactive data from your NAS devices and file servers will help free up space on your premium storage while you take advantage of the S3 cloud as an alternative lower-cost storage tier.

パブリッククラウドストレージは、復旧やフェイルオーバーのためにデータの複製を維持するDRサイトとしても利用できます。

S3対応のオブジェクトストレージで大規模なデータ管理を実現

S3対応のオブジェクトストレージで大規模なデータ管理を実現プライマリファイルストレージのインフラストラクチャを、手頃な価格のセカンダリティアで拡張できます。S3互換のマルチテナントオブジェクトストレージにより、ペタバイト規模にもなる数十億のファイルの管理、保護、アクセスが可能になります。

ユーザーとアプリケーションは、S3/HTTP/NFS/SMBプロトコルを介して、どこからでもコンテンツにアクセス可能です。インテリジェントなデータ管理機能により、ファイルの検索、コラボレーション、分析も簡単になります。

柔軟なハイブリッドクラウド戦略の採用

柔軟なハイブリッドクラウド戦略の採用オンプレミスとパブリッククラウドのストレージを組み合わせて、データの保存および保護を行います。ストレージのサプライヤーやサービスプロバイダーに縛られることなく、自由に、そして柔軟に、ハイブリッドストレージのアプローチを採用することができます。

Govern data availability and placement across on-premises storage and public cloud platforms (AWS, Azure, GCP, Wasabi, etc.).

データがどこに保存されていても、エンドユーザーがシームレスにアクセスできるようにします。

テープから高速なオブジェクトストレージへ

テープから高速なオブジェクトストレージへShift from slow and footprint-heavy tape storage to software-defined object storage.

パフォーマンスの向上、データアクセスの高速化、データ管理の簡素化により、オブジェクトストレージプラットフォームは多くの利益をもたらします。

また、オンプレミスのオブジェクトストレージは、セキュリティポリシーによりデータセンター内にデータを保存する必要がある場合に、クラウドストレージの代替として有効です。

自動化によるデータ配置の管理

自動化によるデータ配置の管理It is critical for a storage administrator to ensure the right data is available on the right storage at the right time.

Automate with modern artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) technologies to govern data placement based on data access frequencies, performance, availability, compliance, cost, and other factors.

異機種混在の分散型ストレージメディアにおいてファイルをどのタイミングでどこに保存するかは、管理者が定義したポリシーで指定できます。

BC/DRの導入でデータ損失を防ぐ

Incorporate BC/DR Practices to Protect Against Data LosssImprove data availability with business continuity (BC) and disaster recovery (DR) capabilities.

セカンダリストレージシステム上のデータを、データセンター内のローカル、メトロクラスタ全体、またはDRサイト/クラウドにレプリケートします。また、フェイルオーバーとフェイルバックのメカニズムにより、ストレージのレプリカを切り替えて運用の継続を可能にします。

スナップショット、バックアップ、CDP(継続的なデータ保護)といった高度なポイントインタイムデータリカバリー技術により、データの損失を防ぎます。

ストレージ管理の意思決定に分析を活用

ストレージ管理の意思決定に分析を活用ストレージインフラストラクチャを最新化する際は、適切な分析ツールとインサイトを用いて、その主な成果を明確化していく必要があります。

  • 警告サインを積極的に特定し、問題によってビジネスに影響が及ぶ前にその問題を解決する
  • ストレージ拡張に関する意思決定のための、容量の使用傾向を予測
  • ストレージインフラストラクチャを最適化するためのベストプラクティスを把握する

DataCoreは、時代を先取りしたゲームチェンジャーであり、企業が真にSDDC(ソフトウェアディファインドデータセンター)を実現するうえで重要な役割を担います。

Irvin Nio(ITアーキテクト) Capgemini

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう