Storage for Media Management,Digital Video Delivery & Archive

Meet the Demands of Digital Video Workloads with SwarmSoftware-Defined Object Storage

メディア&エンターテイメント(M&E)組織は、膨大な量のコンテンツを管理するという課題に直面しています。動画の創作、制作、配信、アーカイブにおいて、常に効率的でコスト効率の高いストレージを確保する必要性があります。ストレージはすべてのステージにおいて中心にあり、動画コンテンツの使用方法および閲覧方法を変革するのに役立ちます。

DataCore Swarmは、急速に拡大するデジタル資産をオンラインでアクセス可能に維持しながら、保存と保護に関連する課題を解決する非常にスケーラブルなオブジェクトストレージです。Swarmはデジタルアセットのライフサイクル(制作から配信、長期の保存まで)のすべてのステージでストレージとアクセスを最適化します。スタジオ、プロダクションハウス、放送局、サービスプロバイダを含むM&E組織は、必要なものを保管し、メディアの整合性を確保し、再使用と収益化のために資産をオンラインでアクセス可能に維持することができるようになりました。

メディア&エンターテイメント組織がDataCore Swarmを使用する理由

  • メディアコンテンツをオンライン、検索可能、アクセス可能に維持する
  • 動画をアーカイブから直接ストリーミングする
  • コストを削減し、共有ストレージを最適化する
  • アーカイブへのオンデマンドアクセスとエンタープライズ保護を実現する
  • テープよりもアクセスしやすく管理が容易
  • 大規模メディアライブラリおよびアーカイブ用のクラウドストレージよりもコスト効率が高い

ソフトウェアのみまたはオールインワンのアプライアンスとして提供されるSwarmには、組み込みのストリーミング、コンテンツ管理、部分的なファイル復元、検索、マルチサイトデプロイメント、ネイティブなデータ保護が含まれています。

「最も柔軟なプラットフォームであり、テラバイト単位のライセンスが適切だったため、弊社はSwarmを選択しました。最初は100 TBでしたが、今ではさまざまなハードウェアベンダーで構成される200のノード全体で1.25 PBを超えています。Swarmは、NEPが常に目指しているハイエンドな品質のサービスを提供するための重要な構成要素です」

Head of R&DおよびLead System Architect、Gerbrand de Ridder氏 NEP The Netherlands

アクティブアーカイブとマルチサイトコラボレーション

active archive and multi-site collaboration再利用と継続的なコラボレーションのため、デジタルアセットを利用可能にしておく必要があります。Swarmは、S3、HTTP、NFS、SMBから書き込まれたファイルがすべてアクセス可能で編集可能で即座に取得可能であることを保証します。LANを介した同期レプリケーションとWANを介した非同期レプリケーションによって、異なるSwarmクラスタへのコンテンツの移動を自動化できます。インスタントな管理不要のディザスタリカバリ(DR)サイトのために、S3対応サービス(S3 Glacier、Wasabiなど)へのフィードを設定することもできます。

Swarmオブジェクトストレージアーカイブでは、現在使用されていないフィルムや動画をオフロードできる低ティアストレージを提供し、高価なティア1ストレージ(SANまたはNAS)を解放します。Swamでは、最小限の手動管理でコンテンツを即座にアクセス可能にして高可用性を実現するための、多数のコンテンツ管理オプションが利用可能です。

Video Streaming and Video on Demand Workflow

Swarmでは、ビデオストリーミングおよびビデオオンデマンド(VOD)ワークフローをサポートしています。

オリジンストレージおよびOTTに対応

origin storage and ott enablementSwarmはHTTPからネイティブにアクセスすることができ、コンテンツ配信のオリジンストレージ、ロングテール配信、およびオーバーザトップ(OTT)サービスに最適です。Swarmは業界屈指の95%の容量使用率と100%のシャーシドライブベイ利用率で、大規模なスループットを実現します。大規模ファイルの並列アップロードと範囲読み取りによってアセットを迅速に保存し、視聴者は動画の任意のフレームを迅速に表示することができます。

簡素化された動画クリッピングとストリーミング

simplified video clipping and streamingサイズの大きな動画やプロジェクトファイルは、多くの場合、手動で復元したり多くのテープにストライピングしたり必要があるテープストレージに保存されており、要求されたデータのTime-To-Last-Byte(TTLB)が遅くなります。Swarmの部分的なファイル復元(PFR)機能では、大きな動画ファイルをクリッピングし、編集、レビュー、ストリーミングのために、アーカイブレイヤーから直接ビデオの特定の部分(または動画のハイライト)を迅速に振り返ることができます。Swarmコンテンツ管理インターフェースから直接利用可能なMP4ベースでクリッピングすることにより、アセット管理ソリューションへの統合のためにAPIから広範なコーデックサポートが利用できます。M&E組織は、アーカイブされている動画の復元、共有、ストリーミング時のTTLBを効果的に抑えることができます。

メディア管理を目的としたデジタル動画の部分的なファイル復元

アーカイブからビデオをクリッピング、共有、ストリーミングするための部分的なファイル復元

最適化されたプロダクション共有ストレージ

optimized production shared storageほとんどの編集ワークフローの中心は、共有ネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスです。これは、パフォーマンスの観点からは必要ですが、スケーリング、管理、保護が難しく、高価です。SwarmをオプションのDataCore FileFlyと組み合わせて、Windowsストレージサーバー、NetAppファイラー、Dell EMC Isilon、またはサードパーティ共有ストレージと統合し、Swarmオブジェクトストレージにデータを移動することで、共有ストレージの既存のワークフローとアプリケーションを最適化します。結果として、大規模なスケーラビリティと安全なアクセスが実現できます。アプリケーション、プロセス、ユーザーの行動を変更したり置き換えたりする必要はありません。NASデバイスの価値を拡張しながら、容量と使用率を最適化します。

バックエンドデジタルアセット管理

backend digital asset managementネイティブな統合とS3 APIサポートにより、Swarmは、多数のデジタルアセット管理(DAM)ソリューションおよびメディアアセット管理(MAM)ソリューションのストレージターゲットとして使用でき、アセット管理インフラストラクチャにシンプルでベアメタルから起動可能なインストールと継続的な保護をもたらします。統合されたフィード(コンテンツ配信)を使用してDR用のリモートサイトにレプリケートしたり、WORM、訴訟ホールド、Integrity Sealsなどの組み込みのコンプライアンス機能を使用して最も厳しい保護ポリシーに対応したりすることもできます。デジタルアセットは継続的に保護され、即座にアクセスできます。

ソフトウェアディファインドオブジェクトストレージであるSwarmを使ってみましょう