検索
言語

DataCore Swarm

コア、エッジ、ハイブリッドクラウド環境用のソフトウェアディファインドオブジェクトストレージソリューション

面倒なストレージ管理を排除し、TCOを削減して、ワークロードを分散させながら、急速に変化するデータセットを継続的に保護し、即座にアクセスできるようにします。

Dc Swarm Image

急速に変化するデータセットの保護とアクセスの提供、分散コンテンツベースのユースケースの実現に苦労していますか?テープの使用はコストパフォーマンスに優れたものですが、データに即座にアクセスすることはできず、テープの管理も困難です。パブリッククラウドには、複合的で予測不可能な定期的なコストの課題や、ローカルのパフォーマンスとプライバシー要件に対応できないという課題が存在します。

DataCore Swarmでは、アプリケーション、デバイス、エンドユーザーへのS3/HTTPアクセスを許可しながら、データの管理、保存、保護機能を大幅に簡素化するオンプレミスオブジェクトストレージソリューションが提供されます。Swarmはデータアーカイブを柔軟かつ即時にアクセスできるコンテンツライブラリに変換し、リモートワークフロー、オンデマンドアクセス、大規模なストレージのスケーラビリティを実現します。

  • 95%のデータストレージ容量を備えたx86サーバー、HDD、SSDの任意の組み合わせをプールすることで、進化し続けるスケーラブルなプラットフォームを提供します。
  • ストレージとインフラストラクチャの管理を自動化し、1人のシステム/IT管理者が数十~数百PBのデータを管理できます。
  • 数百のノード、数十億のファイル、数千のテナント、PB単位のデータの管理を簡素化するWebベースのUIとAPIが含まれています。
  • スケールアウト並列アーキテクチャによって、すべてのノードですべての機能を実行できるようになり、パフォーマンスを線形にスケーリングできます。

ユースケース

ここでは、さまざまな業界要件に対応するSwarmの一般的なユースケースをいくつか紹介します。 Swarmには、組織やサービスプロバイダーの環境におけるアプリケーションが他にも多数あります。

アクティブなアーカイブ

プライマリNASストレージからデータをオフロード

バックアップ用の不変ストレージ

データ損失や脅威ベクトルに対する防御

ニアラインアーカイブ

施設内とオンセット (エッジ) の両方でデジタルメディアワークフローをサポート

オリジンストレージ

OTT/VODサービスとコンテンツ配信に対応

医用画像アーカイブ

医療分野向けの医用画像、PACS、VNAを保存

デジタル資産管理のためのアーカイブ

資産を保護し、低遅延のアクセスを実現

データレイクストレージ

研究、ビッグデータ、IoT、AI/MLにおける膨大なワークロードを処理

マルチテナントストレージ

さまざまなクラウドサービス (StaaSなど) の提供を促進

データの長期保存

将来を見据えたコンテンツ保護 – フォークリフトによるアップグレードは不要

パブリッククラウドとLTOテープの代替

オンラインのオンプレミスデータストレージに最適

Swarmを選択した理由は、Swarmが私たちにとって最も柔軟性に優れたプラットフォームであり、テラバイト単位の適切なライセンスが用意されていたからです。最初は100TBでしたが、今ではさまざまなハードウェアベンダーで構成される200のノード全体で1.25PBを超えています。Swarmは、NEPが常に目指しているハイエンドな品質のサービスを提供するための重要な構成要素です。

Head of R&DおよびLead System Architect、Gerbrand de Ridder氏 NEP The Netherlands

新しいノードを接続するだけで、自動的にブートします。準備作業はありません。OSのインストールも不要でした。ノード間でディスクグループを移行すると、Swarmはディスクがノードの一部かどうかを判断し、適切なノードに移動します。

Lakshmi Venkataswamy、CTO兼共同創設者 iQ Media

スケーラビリティはSwarmの最も優れた部分の1つです。素晴らしいのは、新しいノードをドロップすると、それがゼロから構築されるという点です。新しいノードはメインコントローラに自身を通知します。72テラバイトまたはペタバイトのノードを追加する場合も、ドロップするだけです

クラウドサービス担当CTO John Gillam氏 British Telecommunications (BT)
エネルギー削減計算ツール
DataCore Swarmの適応型省電力テクノロジーDarkive™を使用することで、非アクティブ期間/アイドル時間に際してストレージクラスター内のディスクをスピンダウンし、どれだけのエネルギーと費用を節約できるか*をご確認ください。
ストレージクラスター内のサーバーの総数
スライダーを使用してサーバーの数を設定します
Swarm Logo
25
5年間の省電力
14MWh/年
5年間のコスト削減額
$5,065

*エネルギーと費用の削減値は推定値にすぎず、保証ではありません。実際の状況は異なる場合があります。

SwarmとそのDarkive機能の詳細を知りたいですか?

Darkiveの詳細を確認

機能

  • 管理者とエンドユーザーがパフォーマンスの傾向を追跡し、コンテンツ使用量クォータを管理/監視するための統合Webコンソール
  • 自己管理および自己修復アーキテクチャによって容量の追加とハードウェアの更新を簡素化
  • ストレージレイヤーから内部の従業員や外部の加入者にコンテンツを直接ストリーミング
  • ライフサイクルポリシーによってパフォーマンスまたは容量のデータ保護を最適化
  • S3/HTTP(S)から単一名前空間でデータを迅速に検索、メタデータをカスタマイズ、ファイルにアクセス
  • デバイスとは異なり、複数のサイトにわたる数千のテナントと数十億のファイルを簡単に管理
  • SwarmからWasabi、S3 Glacier、オブジェクトベースのクラウドおよびテープストレージソリューションにコールドデータをバックアップ
  • 暗号化、アクセス制御、整合性検証によるデータの保護

オブジェクトストレージソリューションの統合Webコンソールのイメージ

HTML5対応ブラウザからのストレージ、テナント、データの管理

ストレージレイヤーから直接コンテンツをストリーミングするイメージ

Swarmオブジェクトストレージから直接コンテンツを安全に共有およびストリーミング

以下の図は、主なデータサービス、アクセス方法、サポートされているプロトコルなど、DataCore Swarmのさまざまなデータおよびインフラストラクチャの管理機能を示しています。機能の詳細を見る

Consumers

  • End-Users
  • Application & Web Services
  • Devices

Access Methods

  • S3
  • HTTP(S)

Operation & Insights

Command & Control

Any Mix Of X86 Servers

  • HDD
  • SSD

Simplify and Streamline Data Management at the Edge

Single Node Swarm: Purpose-built for Small IT Environments

Swarmオブジェクトストレージの利点

高速リカバリー

25X 従来のRAIDストレージよりも短いダウンタイム

優れた最適化

95% メディアとコンテンツのストレージ使用率

パフォーマンスレディ

5X S3読み取りおよび書き込み操作の高速なスループット

シンプルなコンテンツ管理

Swarmの利点 - コンテンツ管理
  • 直感的なデータ分類、インデックス作成、ダイナミック検索
  • 同期、非同期、ストレッチクラスタの使用のためのポリシーベースのレプリケーション
  • アドホック検索およびクエリのためのカスタムメタデータ
  • アーカイブからファイルを直接共有またはストリーミング

防弾データセキュリティ

Swarmの利点 - セキュリティ
  • 転送中および保存時のデータ暗号化をサポート
  • 訴訟ホールド、WORM統合、S3オブジェクトロックによって、データの不変性を保証します
  • Integrity Sealsを使用してコンテンツの整合性を確立
  • 監査証跡を使用してストレージアクセスとアクティビティを追跡

マルチテナント管理

Swarmの利点 - マルチテナント
  • テナント、バケット、ドメイン、クォータを管理
  • LDAP、AD、ApacheDS、Linux PAM、トークンベースのS3、SSO/SAML 2.0プラットフォームなどの既存のアイデンティティ管理システムと統合
  • 帯域幅の使用状況、アクセス監査などに基づいて、ドメインごとに詳細な請求および会計レポートを作成

ビジネス継続性とDR

Swarmの利点 - ビジネス継続性
  • 常に利用可能なアクティブアーカイブを維持し、オンデマンドでデータを取得
  • クラスタレベルまたはオブジェクトレベルでのイレイジャーコーディングとレプリケーションによってデータの耐久性を向上
  • 自動フェイルオーバーおよびリカバリー
  • DRのためにWasabiやAmazon Glacierに自動バックアップ

ストレージのスケーラビリティを手軽に実現

Swarmの利点 - スケーラビリティ
  • 1つのサーバーから始めて、必要に応じて容量とパフォーマンスを簡単に追加
  • Webスケールの検索とデータアクセスを備えたエクサバイトレベルのストレージに拡張
  • Swarmクラスタに任意のディスクとサーバーハードウェアを追加
  • 拡張可能なアーキテクチャによってAmazon S3 APIとその他のサードパーティAPIをサポート

コストの削減とTCOの削減

Swarmの利点 - コスト削減
  • 高度な自動化によってリソース、管理時間、予算の使用を最適化
  • ダウンタイムなしのハードウェアアップグレードで、基盤ハードウェアを継続的に進化
  • 業界をリードする95%のデータ容量
  • ディスクの適応型省電力によるエネルギーの節約

オブジェクトストレージのパフォーマンスベンチマーク:STFCによる実環境でのSwarmのユースケース

ホワイトペーパーのダウンロード

柔軟なデプロイメント

Swarmは標準のx86ハードウェア上で実行され、高可用性を実現する設計です。SwarmソフトウェアはRAMから起動し、システムデータにハードドライブ容量の5%のみを使用するため、コンテンツの容量可用性は業界でも屈指の95%となります。Swarmクラスター内のディスクを使用してスケールアップし、さらに多くのノードを使用してスケールアウトしたり、必要に応じてさらに多くのSwarmクラスターを使用して拡張したりできます。柔軟なデプロイメントで、いつでもテナントやサイトを追加できます。Swarmは、ホットプラグドライブ、ディスク/ノードの追加や削除、フルソフトウェアスタックのローリングアップグレードに対応しています。

Swarmデプロイメントオプション ベアメタルデプロイメント

ベアメタルデプロイメント

HDDとSSDを組み合わせて、任意のベアメタルのx86サーバーから始めることができます。

Swarmデプロイメントオプション 仮想マシンデプロイメント

仮想マシンの展開

VMware ESXiを搭載した仮想マシン(VM)にSwarmをデプロイします。

Swarmデプロイメントオプション コンテナ化されたデプロイメント

コンテナ化されたデプロイメント

すべてのSwarmサービスがコンテナ化され、Kubernetes K3上で実行される単一サーバーのインストール。

パッケージ化されたハードウェアアプライアンスもパートナーから入手できます。詳細についてはDataCoreにお問い合わせください。

DataCore FileFlyを使用して、NASデバイスおよびWindowsファイラーのSMB共有からSwarmにファイルを簡単にオフロードすることができます

ライセンス

すべてのSwarmインスタンスで使用可能なTBまたはPB単位のストレージ容量に基づいた、シンプルで透過的で柔軟なライセンス設定。

Swarmオブジェクトストレージソリューションは通常、アクティブアーカイブ、バックアップターゲット、クラウドストレージ、コンテンツ分析、配信プラットフォームとして使用されます。保存および管理しているデータの種類やSwarmが使用されるユースケースにかかわらず、ライセンスは同じです。すべてのSwarmの期間ライセンスには、Premierサポート(24時間・週7日)と無料の製品アップデートが含まれます。

  • 費用対効果の高い期間ライセンス(年間ライセンスと複数年ライセンスがあります)
  • 必要に応じて容量を拡張
  • 消費量が増加するにつれてTBあたりの価格は安くなります
  • 使用中の総容量に対してボリューム割引が適用されます
  • 公共・教育機関向け追加ディスカウント有り

ソフトウェアディファインドオブジェクトストレージであるSwarmを使ってみましょう