DataCore SANsymphonyライセンスオプション

お客様のIT要件に合わせて柔軟に選択可能

選択可能な3つのオプション

DataCore SANsymphonyのブロックベースのソフトウェアディファインドストレージ (SDS) ソリューションには、EN、ST、LSの3つのエディションがあり、特定の機能と拡張性に対するニーズに基づいてソフトウェアを自由にご購入いただけます。3つのエディションはすべて、期間ライセンスおよび永久ライセンスオプションで提供され、予算の要件を満たすライセンスの種類を柔軟に選択できます。

EN license

エンタープライズクラスのエディションで、高パフォーマンス、豊富な機能、最も優れた柔軟性を提供します。

ST license

スタンダードエディションは中規模の要件に最適なエディションです。

LS license

二次ストレージ用のラージスケールエディションは、パフォーマンスより低コストや大容量が重視されるバックアップやアーカイブ、アクセス頻度の少ないデータ用のエディションです。

エディションの比較

エディション EN ST LS
最適な用途 高パフォーマンスが要求されるエンタープライズクラス 標準的な中規模クラス 大規模な二次ストレージ
データサービス
同期ミラーリング FC、iSCSI iSCSI FC、iSCSI
パラレルI/O
キャッシュ
Encryption
レプリケーション&サイトリカバリー
Continuous Data Protection (CDP)
Random Write Accelerator
データ移行
Snapshots
Quality of Service (QoS)
ロードバランス
シンプロビジョニング
ストレージのプール化
自動階層化
重複排除 / 圧縮
インライン
ポストプロセス
アクセス方法
ファイバーチャネル(FC)
iSCSI、NFS、SMB
ストレージ・デバイス
オールフラッシュアレイ、ハイブリッドアレイ、JBOD、フラッシュ、ハードディスクドライブ
共有マルチポートアレイ(SMPA)
ストレージプロトコル NVMe、FC、iSCSI、SAS/SATA、クラウドゲートウェイ
アナリティクス/実用的なインサイト DataCore™ Insight Services
プロアクティブなインサイト DataCoreインサイトサービスは、期間ライセンスのみで利用可能
(クラウドベースの分析プラットフォーム)
予測的インサイト
運用上のインサイト
消費者
物理サーバー(ベアメタル)
仮想マシン
Containers
集中管理
リアルタイム&履歴のチャート作成
オーケストレーション/プロビジョニング
アナリティクス/アラート(オンプレミス)
Command / Control
REST API
PowerShell API
プラグイン
コンソールUI

柔軟なライセンスオプション: 期間ライセンスまたは永久ライセンス

DataCore SANsymphony Softwareのライセンスは、年間および複数年の期間だけでなく、永続的にライセンスを取得できます。すべてのオプションには、プレミアサポートと無料の製品アップデートが含まれます。

永久ライセンスオプションと期間ライセンスオプションの主な機能の違いは、当社のクラウドベースの分析プラットフォームであるDataCore™ Insight Services (DIS) への安全なアクセスがあるかどうかです。これは期間ライセンスに含まれています。DISは予測監視、分析、問題解決、実施可能なインテリジェンス、先を見越した最適化を1つのウィンドウで提供します。DISについての詳細はこちらを参照してください

必要な容量に応じた価格体系

  • Flexibility to choose between term (low CAPEX, pay as you go) and perpetual (buy once, own forever) licensing
  • Scale capacity as needed
  • Price per TB goes down as consumption grows
  • Volume discounts on total capacity in use apply
  • 公共・教育機関向け追加ディスカウント有り

より高い容量をより低い価格で

SANsymphony ENの1年間のライセンスの最低価格は$519/TBです。

容量を250 TBに拡張すると、価格は 282ドル/TBに下がります。

 

ご覧のように、容量消費が増加するほどTBあたりの価格が下がり、規模を拡大するにつれてSANsymphonyの経済性が向上します。

*ソフトウェアの価格には、基盤となるオンプレミスストレージのコストは含まれません

エディション別容量単位

ENとSTノードでは初期購入と容量拡張の最小単位は 1 TBで、コンパクトな高可用ソリューションが必要となるリモートあるいはエッジコンピューティングの要件に最適です。大規模なセカンダリストレージ要件に最適なLSデプロイメントは、ノードあたり50 TBかそれ以上の単位で提供されます。

ストレージ容量の要件に基づくソリューション全体の価格については、お近くのDataCore認定パートナーにお問い合わせください。

パートナー検索

柔軟な実装オプション

3つのSANsymphonyエディション (EN、ST、LS) は既存または新規のサーバーとストレージで次のように構成することができます。

  • 大手ベンダーの主要ストレージアレイのプール化および仮想化
  • 専用ストレージサーバーの作成(コンバージドまたはサーバーSAN)
  • クラスター化されたサーバーを跨るハイパーコンバージドストレージ (HCI)
  • これらの組み合わせ

異なるエディションのノードが一元管理されたプールで連携し、インフラストラクチャー全体の多様な要件に対応します。SANsymphonyのライセンスは、そのデプロイメントに依存しません。

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう