検索
言語

DataCore SANsymphonyライセンスオプション

お客様のIT要件に合わせて柔軟に選択可能

選択可能な3つのオプション

DataCore SANsymphonyのブロックベースのソフトウェアディファインドストレージ (SDS) には、エンタープライズ (EN)、スタンダード (ST)、ビジネス (BZ) の3つのエディションがあり、特定の機能と拡張性に対するニーズに基づいてソフトウェアを自由にご購入いただけます。

enterprise license

エンタープライズクラスのエディションで、高パフォーマンス、豊富な機能、最も優れた柔軟性を提供します。

standard license

スタンダードエディションは中規模の要件に最適なエディションです。

business edition license

ビジネスエディションは、コスト効率に優れたエントリーレベルのSANsymphonyで、小規模ながらも要求の厳しいHAインスタンスに適しています。

エディションの比較

エディション EN
エンタープライズ
ST
スタンダード
BZ
ビジネス
最適な用途 全機能、最高のパフォーマンス ミッドレンジ 要求が厳しい小規模HA環境
データサービス
同期ミラーリング FC、iSCSI iSCSI FC、iSCSI
パラレルI/O
キャッシュ
Encryption
レプリケーション&サイトリカバリー
Continuous Data Protection (CDP)
Random Write Accelerator (RWA)
データ移行
Snapshots
Quality of Service (QoS)
ロードバランス
シンプロビジョニング
ストレージのプール化
自動階層化
重複排除 / 圧縮
インライン
ポストプロセス
アクセス方法
ファイバーチャネル(FC)
iSCSI、NFS、SMB
ストレージ・デバイス
オールフラッシュアレイ、ハイブリッドアレイ、JBOx、SSD、ハードディスクドライブ
共有マルチポートアレイ(SMPA)
ストレージプロトコル NVMe、FC、iSCSI、SAS/SATA、クラウドゲートウェイ
アナリティクス/実用的なインサイト DataCore Insight Services(DIS)
プロアクティブなインサイト
実用的なインサイト
プロアクティブな最適化
スケーラビリティの実現
グループあたりの最大容量 無制限 38 TB
グループあたりの最小容量 2 TB 10 TB
ノードあたりの最小容量 1 TB 5 TB
グループあたりの最大ノード数 64 2
最小ノード数 1 2
拡張の粒度 1 TB
消費者
物理サーバー(ベアメタル)
仮想マシン (VM)
Containers
集中管理
リアルタイム&履歴のチャート作成
オーケストレーション/プロビジョニング
アナリティクス/アラート(オンプレミス)
Command / Control
REST API
PowerShell API
プラグイン
コンソールUI

柔軟な期間ライセンス

SANsymphonyソフトウェアは、インストールされているインスタンスの数ではなく、TB単位の管理された容量に基づいてライセンスが設定されています。1年および複数年の期間のライセンスを購入できます。EN、ST、BZエディションのすべてのライセンスオプションに、プレミアサポートと無料の製品アップデートが含まれます。

必要な容量に応じた価格体系

スタンダードまたはエンタープライズで始める

  • 必要に応じて、1 TB単位で容量をスケーリングします
  • 消費量が増加するにつれてTBあたりの価格は安くなります
  • 1回のインストールにインスタンス数の制限はありません
  • STは無停止でENにアップグレードできます

ビジネスで始める

  • 必要に応じて、1 TB単位で容量をスケーリングします (インストールあたり10 TB~38 TB)
  • 魅力的な価格設定で、価格帯はありません
  • 1回のインストールで2つのSANsymphonyインスタンスがサポートされています
  • BZは無停止でENにアップグレードできます

組織では、各エディションを複数インストールすることができ、また固有のニーズに合わせてエディションを組み合わせることができます。

ENとSTのライフタイムボリューム割引

ENとSTでの事前の投資にはメリットがあります。1つのエディションでアクティブにサポートされている容量が多いほど、エディションの価格は安くなります。

SANsymphony ENエディションの例

現在、アクティブにサポートされている容量が96 TBで、追加で8 TBの容量が必要だとします。

ライフタイムボリューム割引を使用することで、1~9 TBの価格帯ではなく100~249 TBの価格帯を適用できるため、8 TBは35%安くなります。

柔軟な実装オプション

3つのSANsymphonyエディション (EN、ST、BZ) は既存または新規のサーバーとストレージで次のように構成することができます。

  • 専用ストレージサーバーの作成(コンバージドまたはサーバーSAN)
  • クラスター化されたサーバーを跨るハイパーコンバージドストレージ (HCI)
  • 大手ベンダーの主要ストレージアレイのプール化および仮想化
  • これらの組み合わせ

異なるエディションのノードが一元管理されたプールで連携し、インフラストラクチャー全体の多様な要件に対応します。SANsymphonyのライセンスは、そのデプロイメントに依存しません。

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう