DataCore™ ONE Vision

ソフトウェアディファインドストレージの能力がストレージのサイロ化とハードウェアへの依存を解消; ストレージをよりスマートに、より効果的に、より管理しやすくします。

いまITはソフトウェアディファインドストレージの可能性を実現するときです。それはプライマリー、セカンダリー、アーカイブストレージの階層を単純化および最適化し、統合された予測分析ダッシュボードで管理するユニファイドプラットフォームです。

世界はソフトウェアディファインドに

IT infrastructure evolution: bare metal to virtualized to cloud to software-defined

DataCoreが提供するソフトウェアディファインドインフラストラクチャーの効果

  • 自由 (Freedom) ハードウェアに非依存、ロックインからの解放
  • 柔軟性 (Flexibility) ソフトウェアによるアーキテクチャーの進化
  • 統合 (Integration) サイロ化から解放、利用率の最大化
  • 可用性 (Availability) ゼロダウンタイムを実現する柔軟なアーキテクチャー
  • インテリジェンス 既存システムと新規システムに跨った最適化

ITの将来は疑いなくソフトウェアディファインド

進化が激しいITにおいて、ストレージはコンピュートに比べて遅れていました。最新のテクノロジーの進歩と市場の成熟により、ITがソフトウェアディファインドストレージを幅広く活用する時が来ました。

DataCoreのソフトウェアディファインドストレージに対するビジョン

DataCore ONE

階層化したストレージとテクノロジーに共通した統合コマンドとコントロール

一貫したストレージサービス

集中管理プレーン

進化と適応に対する柔軟性

  • ソフトウェアディファインドインフラストラクチャーにより、未来のITへの備え
  • ROBOやエッジコンピューティングだけでなく、データセンターでのHCIやSANの使用
  • 異なる実装モデル間での無停止移行と独自のペースでの進化

選択によりITをコントロール

  • ハードウェアやベンダー、アーキテクチャーのロックインの解消、 3 年サイクルやサイロ化からの解放
  • クラウド環境に、自由な x86 サーバーにソフトウェアとして、また専用のアプライアンスに実装可能
  • ライセンスは永久ライセンスまたはサブスクリプション

ソフトウェアディファインドストレージでITをより良く

プライマリー、セカンダリー、アーカイブストレージのサイロ化を解消

もうすぐ 2020 年です。よりスマートなストレージを考えるときではないですか? 業界は依然としてハードウェアの考え方に支配され、データは頑丈な独自のシステムにロックされています。ソフトウェアディファインドストレージにより、ITをよりスマートで、よりパワフルで、より柔軟な、異なるストレージ階層とテクノロジーを統一するストレージプラットフォームにするときです。そしてITをコントロールするのです。

全てのストレージインフラストラクチャーを管理するよりスマートな方法

DataCore™ Insight Services (DIS)がテレメトリーデータと多くのお客様から集めて学習した情報を活用し、統合されたコントロールベーンを提供、そこで早期の問題検知を可能にし、ベストプラクティスを推奨、実施可能な洞察を提供します。障害を避け、パフォーマンスを最適化し、全てのストレージを定められたアクションでコントロールします。

一貫したデータサービスによりストレージの向上および単純化

拡張し続けるデータサービスには、同期または非同期のミラーリングクローンとスナップショット継続的データ保護パフォーマンスアクセラレーションインテリジェントキャッシュシンプロビジョニング自動階層化AES-256 ビット暗号化などがあります。これらのサービスは全てのストレージテクノロジーを一貫してサポートし、ベンダーやアーキテクチャーに依存しません。

ソフトウェアディファインドによるITのコントロール

選択と柔軟性。新規または既存のサーバー、ターンキーアプライアンスまたはクラウドでの実装。ライセンスは永久ライセンスまたはサブスクリプション。ストレージをSANとして、ハイパーコンバージド構成として、またはその混合として構成。ブロック、ファイル、またはオブジェクト。ベアメタル、仮想ホスト、コンテナ環境。ファイバーチャネル、iSCSI、LAN接続。オンプレミスまたはクラウド。プールフラッシュ、SSDまたはHDD。ソフトウェアディファインドアーキテクチャーにより、ハードウェアの制限から解放します。

The DataCore ONE approach offers a unified model for primary and secondary storage that looks to balance price, performance and system management with the scale-out simplicity of modular, HCI-based storage.

Steven Hill, Liam Rogers 451 Research
Taneja Group

They’re serious about pushing toward the future, with the new CEO, new brand, new pricing model and this push to fulfill more of the software-defined stack down the road, adding more long-term archive type storage.

Jeff Kato Taneja Group

DataCore, the SANsymphony supplier, has gone supersonic, launching a hyperconverged appliance, cloud-based predictive insights and a subscription licensing scheme.

Chris Mellor Blocks & Files

Today, the company is announcing a series of measures designed to highlight its vision of software-defined storage, and how it intends to make DataCore a dominant player in the space.

Mark Cox ChannelBuzz

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう