検索
言語

 DataCoreとVeeamによるデータ保護ソリューション

DataCoreとVeeamの技術提携により、組織やサービスプロバイダーは、ソフトウェアディファインドの自動化とデータサービスを活用したスケーラブルなバックアップストレージインフラストラクチャを構築することができます。
Dc Veeam技術アライアンスコピー
継続性とデータ保護の確保

増え続けるデータを手頃な価格のオブジェクトストレージ容量ティアに保存

ビジネスニーズの変化に対応

セキュリティ上の脅威やデータ損失からバックアップデータを保護

IT投資の最適化

ストレージスナップショットによってVMバックアップの高速化を実現

IT投資の最適化

バックアップストレージからデータをシームレスに復旧し、RTOを短縮

データは資産:保護しましょう

データは組織にとって最も重要な資産です。データを保護し、常に利用可能・アクセス可能に保つことは、技術的なITチームとビジネスリーダーの両方にとって最優先事項です。DataCoreとVeeamは、強力なデータバックアップ、ストレージ、保護、復旧ソリューションを提供するために、強固な技術提携を結びました。共同で提供するソリューションは、組織やサービスプロバイダーが爆発的に増加するデータの管理や、ランサムウェアなどの進化する脅威ベクトルからの保護といった課題に対処するのに役立ちます。

DataCoreは、Veeamを使用している企業にとって重要なデータストレージの課題に対処するために、2つの認定されたVeeam対応ソリューションを提供しています。

バックアップデータが急増する中、ITチームは、コスト効率が高く拡張性の高いストレージソリューションを求めています。クラウドストレージが直面している重大な課題は、その予測不可能性と、すぐにIT予算を越えてしまう複合的なコストにあります。

テープストレージの使用に関する問題は、IT担当者が手作業でテープを別の場所に移動して保管しなければならないことでした。これは面倒で時間がかかります。また、潜在的な問題やセキュリティリスクを回避するために、メディアを継続的にチェックする必要があります。

DataCore Swarmは、これらの課題を克服することができるVeeamバックアップ容量ティアに最適なソリューションです。Swarmは、Veeam Backup & ReplicationやVeeam Backup for Microsoft Office 365からのデータバックアップを保護する、大規模なスケーラビリティを備えたオンプレミスのオブジェクトストレージソリューションです。バックアップはSwarmクラスタのデータセンター内に格納されているため、独自のセキュリティポリシー、レプリケーションポリシー、保持設定を適用できます。Swarmは、数百TBから数PBまですぐに拡張できます。

Swarmを使用することで、より多くのバックアップを保存し、ストレージの管理にかかる時間を短縮し、ストレージのTCOを継続的に削減することができます。また、バックアップを継続的に保護し、1か月後、1年後、10年後もすぐに利用できるようにします。

このオンプレミスの代替ソリューションでは、データをデータセンターに保管することで、クラウドの予期せぬ請求額やGDPR違反の可能性に対する懸念を解消します。Swarmの論理的で拡張可能なマルチテナンシーにより、バックアップ、従業員、加入者の数にかかわらず、独自の容量、アクセス、データ保護のポリシーを持つバックアップターゲットを迅速に提供することができます。

Swarmは、オブジェクトストレージリポジトリ不変性を備えたオブジェクトストレージリポジトリとしてVeeam対応の認定を受けており、Veeamのバックアップ技術とシームレスに連携して、バックアップインフラストラクチャのスケーラブルで耐障害性の高い容量ティアとして機能します。

DataCore FileFlyを使用したポリシーベースのファイル階層化

Veeam Scale-out Backup Repositoryのオンプレミス容量ティアとして使用されるSwarmオブジェクトストレージ

Veeam Scale-Out Backup Repositoryの容量ティアとしてSwarmを選択する理由

  • 市場で最も高いユーザーデータの容量使用率95%によって、より多くのバックアップを保存できます
  • 自動化された自己修復とデータ保護により、バックアップの完全性と復元に対する信頼性が向上します
  • 必要なときに機器を選択して無停止でハードウェアを最新化できます
  • コスト効率の高いオンプレミスの容量ティアを使用して、ストレージコストを削減できます
アイコン-環境を保護

サイバー攻撃、ハードウェア故障、データ損失から保護

アイコン-効率を改善

バックアップ容量の増加と共に効率が向上

アイコン-バックアップを確保

バックアップは常に利用可能でアクセス可能

アイコン-バックアップとアーカイブ

バックアップとアクティブアーカイブを同じソリューションで実現

VeeamのUniversal Storage APIによるストレージシステム向け統合プログラムによって、Veeamのバックアップ機能とレプリケーション機能のメリットがさらに強化されます。これにより、APIを通じてデータストレージと直接通信してバックアップおよび復元操作を実行することができます。製品環境へのバックアップの影響が削減され、RPO改善のためにバックアップをより頻繁に実行できる柔軟性が得られます。

DataCore SANsymphonyソフトウェアディファインドストレージでは、VeeamのUniversal Storage API専用の統合(プラグイン)を提供しています。これにより、異機種混在のワークロードやマルチベンダーのストレージシステムにおいて、スナップショット操作やバックアップ操作を高速、シームレス、かつ無停止で行うことができます。

SANsymphonyは、Veeamの統合フレームワークにネイティブに対応していなくても、任意のストレージ(任意のベンダー、任意のモデル、任意の構成)を使用してバックアップを簡単に保存できる柔軟性をVeeamユーザーに提供しています。これにより、ITチームはカスタムニーズに応じて自由にハードウェアを選択することができます。

  • SANsymphonyはストレージのスナップショットを作成し、選択されたデバイスに保存します。このプロセスは、ほぼ一瞬で完了します。
  • Veeamは、VMやアプリケーションに影響を与えることなく、これらのスナップショットからバックアップを生成します。
  • Veeamは容量拡張のインクリメントごとにVMware Changed Block Tracking(CBT)データを保持しているため、ストレージスナップショットからの増分バックアップの取得は非常に高速です。
  • Veeamでは、テストなどのために、フルVM、ゲストファイル、アプリケーションオブジェクトをストレージスナップショットから直接復元できます。これにより、データ復旧の時間を劇的に短縮できます。

VeeamカスタマーポータルからDataCore SANsymphony Universal Storage APIプラグインをダウンロードできます。

SANsymphonyとVeeamの統合によるVMバックアップの高速化

個別のSANsymphonyノード(理想的には別の場所にあるノード)は、バックアップコピーを安全かつ経済的に保管できるVeeam Ready Repositoryの役割を果たすこともできます。

ユーザーはそこから、Veeam Availability SuiteのScale-out Backup Repositoryの一部として、古いバックアップファイルを低コストで伸縮自在なオブジェクトストレージ(Swarmや他のクラウドティアなど)にオフロードすることができます。

Veeamをご利用のお客様は、基盤となるストレージハードウェアのメーカーやモデルにかかわらず、同じ統合データ保護サービスを使用して、影響の少ないスナップショット作成や迅速なバックアップを簡単に実行することができます。

VeeamとDataCoreの統合ソリューションは、プライマリストレージとセカンダリストレージのニーズを満たすために、高性能でプレミアム価格のハードウェアと低コストで大容量のデバイスの組み合わせに関心のある組織にとって特にお勧めです。

次世代のソフトウェアディファインドデータセンターを体験してみましょう