DataCore Software-Defined Storageが選ばれる理由

ソフトウェアディファインドストレージの権威
ブロック、ファイル、オブジェクトストレージにわたるハイブリッドインフラストラクチャ全体でデータを保存、管理、アクセス、保護するための究極の柔軟性とコントロールを実現します。

20年以上の実績ある専門性 ► 10,000件のグローバルデプロイメント ► 99.6%のCSAT

ハードウェアの限界に囚われることはありません

データサービスがストレージハードウェアと緊密に結合し、インフラストラクチャサイロが形成され、リソースとコストのオーバーヘッドが発生していた時代は終わりました。現在のIT組織では、ストレージ容量の一元管理、ビジネスニーズに基づく階層間のデータの移動、無停止のハードウェアのアップグレードと更新、予算内でのインフラストラクチャの拡張のための柔軟性が求められています。

DataCore Software-Defined StorageでITの進化を実現

Software-Defined Storage(SDS)の力でハードウェアの束縛から解放されましょう。DataCoreでは、ストレージハードウェアからデータサービスを抽象化し、デバイスとは異なるように容量をプールして、選択したストレージでデータセンターを自由に拡張できます。完全なITの調和を実現し、あらゆるストレージ、デプロイメントにおいて、どこでも迅速かつ中断のないデータアクセスをユーザとアプリケーションに提供します。

  • 究極のハードウェアの柔軟性
  • 拡張性が向上

Create a World of Limitless Storage Possibilities

DataCoreの専用データサービススイート(プーリングプロビジョニング階層化ミラーリングスナップショット、データ保護など)は、ハードウェアから完全に切り離されており、ストレージ環境の構築、管理、最新化の方法について無限の可能性を提供しています。

DCがサービスを統合する理由

さまざまなサプライヤーの異なるハードウェア間で統一されたエンタープライズデータサービスを提供

DCがデータを移行する理由

ストレージハードウェアを拡張および更新し、システムを停止せずにデータを移行

Why Dc Cloud

クラウドをデータストレージ環境にシームレスに統合

DCの運用継続性の理由
Why Dc Adaptability

あらゆるハードウェアをデプロイし、新しいテクノロジーを統合できる究極の柔軟性により、変化するビジネスニーズに適合

Why Dc Lower Costs

ハイブリッドストレージ全体の自動化とハードウェアの自由な選択によるITコストの最適化

すべてのSDSソリューションが同じように作られているわけではありません

ソフトウェアディファインドストレージソリューションを提供していると主張するベンダーは多く存在します。しかし、特定のハードウェアに関連付けられていたり、特定のベンダーの機器ファミリに制限されていたりするものもあれば、その実装方法や運用方法によって縛られたり、提供するデータサービスに制限されたりするものなどもあります。以下の表は、SDSであると主張するブロック/ファイルストレージソリューション間の技術的な比較の例を示しており、DataCoreこそが真のソフトウェアディファインドストレージを提供できる唯一のベンダーである理由を示しています。

ハードウェアバウンドストレージとソフトウェアディファインドストレージの比較図

この比較の表をPDFでダウンロードすると、これらのソリューションのより深い分析のための追加のコンテキストと説明を確認できます。

ビジネス要件とIT要件を満たすようにデータセンターを変革しましょう

ストレージのプール化のスクリーンショット

多様な分散ストレージシステムを階層型容量のハイブリッドプールに統合します

自動データ配置のスクリーンショット

価値、経過時間、可用性、パフォーマンスに基づいて、階層間でデータを自動的に配置します

無停止のデータ移行のスクリーンショット

ビジネスレジリエンスを維持しながら、ストレージファブリックを拡張・最新化します

DataCore ONE:統合ストレージ管理に対するビジョン