SANのパフォーマンス向上

ストレージインフラストラクチャのパフォーマンスを最適化し、アプリケーションの応答性が向上

スピードは、ユーザーエクスペリエンスを決定づける成功要因のひとつです。アプリケーションやデータベースの反応の速さは、データの処理、保存、取得の能力に大きく依存します。

レスポンスタイムの速さは、低レイテンシが要求される今日のビジネスサービスに永続的な影響を与えます。データ処理はアプリケーションに依存しますが、データの保存やアクセスをいかに迅速に行うかは、基盤となるストレージハードウェアの性能を高めることで最適化できます。

アプリケーションの応答性に影響を与える重要な役割を果たすのがSANインフラストラクチャです。SANストレージは、ハードディスクドライブ(HDD)のみ、またはソリッドステートドライブ(SSD)のみ、またはその両方を組み合わせて使用することができます。

通常、IT組織はSANアレイのパフォーマンスを向上させるためにHDDからSSDに移行するか、SSDを追加します。オールフラッシュアレイを使用することで、ストレージのパフォーマンスを飛躍的に向上させることができますが、一方でIT予算が膨らんでしまうこともあります。さらに、NVMeやIntel Optaneなどの技術により、ストレージの処理速度や性能がさらに向上しています。

Software-Defined Storageによる費用対効果の高いSANパフォーマンス改善手法

予算に制約のあるITチームは、DataCore SANsymphonyを利用して、高価な機器に投資したり既存のハードウェアを交換したりすることなく、既存のSANストレージのパフォーマンスを向上させることができます。SANsymphonyは、Software-Defined Storageソリューションであり、データアクセスの高速化を実現するための数々のパフォーマンスアクセラレーション機能があらかじめ組み込まれています。

SANsymphonyは、ストレージベンダーに依存しないため、SANアレイ(ディスク、フラッシュ、NVMベース)、JBOD、JBOF、DAS、HCIデバイスなど、あらゆるブロックストレージに対応し、統一されたストレージコントローラとして、多様なストレージに対して、容量のプロビジョニング、データの階層化、データレプリケーション、データ保護、容量の最適化などのデータサービスを一元的に提供します。

DataCore SANsymphonyは、コモディティハードウェアをパフォーマンス豊かなSANに変えることができる、高性能キャッシングエンジンです。

ITディレクター、Kent Hansen Architectural Nexus

SANsymphonyのおかげで、SAP HANAワークロードを実行しているお客様に、スケーラブルでコスト効率が高く、将来性のある高性能ストレージアーキテクチャを提供できるようになりました。DataCoreは、ストレージをよりスマートに、よりパワフルに、そしてより効率的にしてくれます。

CTO、Ralf Schaufler Leitwerk AG

SANsymphonyでは、エンタープライズレベルのディスクの代わりに、より安価なディスクを使用しても、同じパフォーマンスを得ることができました。

シニアITマネージャー、Dale Lecomte Arizona State University

RAMをキャッシュとして活用することでハイパフォーマンスを実現

RAMは、ディスクやフラッシュドライブよりもはるかに高速です。SANsymphonyでは、RAMをL1キャッシュとして使用し、揮発性メモリがディスクI/Oのスピードマッチングバッファとして機能するようにしています。また、RAMをキャッシュとして使用することで、SANアレイを過度のディスクスラッシングやフラッシュの摩耗から保護し、ストレージハードウェアの高い費用対効果を実現することができます。

RAMキャッシングが読み取りおよび書き込み操作を高速化する方法:

  • 読み取り処理は、(以前にディスクから読み取った内容に基づいて)ディスクから予測されるブロックを読み取りキャッシュにあらかじめ取り込んでおくことで、読み取りが格段に速くなります。
  • 書き込み結合テクノロジーは、キャッシュに保持されているランダムな書き込みを並べ替え、最終的に大きなシーケンシャルストライプでディスクに書き込むために使用されます。これにより、書き込みのたびにディスク上で待機することがなくなり、書き込み処理全体が高速化されます。

SANsymphonyは、既存のストレージやキャッシュと組み合わせることで、SANインフラストラクチャのスピードとパフォーマンスを飛躍的に向上させます。

詳細はこちら

DataCore SANsymphonyによるRAMキャッシング

RAMキャッシングによるデータ処理の高速化とSANパフォーマンスの向上

自動階層化により、適切なデータを適切なタイミングで適切なストレージに配置

SANsymphonyは、高度な機械学習アルゴリズムを用いて、データのアクセス温度を継続的に追跡・把握し、ストレージデバイス上のデータがどれだけ頻繁に(ホットに)、またはまれに(ウォームまたはコールドに)アクセスされているかを判断します。

この判断に基づき、SANsymphonyはデータの階層化や、あるストレージデバイスから別のストレージデバイスへの移動を自動化し、適切なデータが適切なストレージに配置されるようにして、ストレージのパフォーマンスとコストの目標を達成します。

  • ホットで最も重要なデータのみを格納することにより、最速のSANアレイのスペースを解放します。
  • プレミアムストレージ機器にコールドデータを詰め込まないようにすることで、パフォーマンスのボトルネックも軽減されます。
  • 高価なオールフラッシュアレイやハイブリッドストレージシステムを購入するよりも、SSDとスピニングディスクを組み合わせることで、より優れた応答性と価値を提供することができます。
詳細はこちら

自動データ配置

データの温度に応じて自動的に異なるストレージクラスにデータを階層化

ホットデータとコールドデータ:データ配置の決定への影響とその対処方法

ウェビナーを見る

適応型Parallel I/OによるターボチャージャーSANのパフォーマンス

パフォーマンスを大量に消費するワークロードでは、ストレージのバックエンドに大きな負荷がかかります。マルチコアプロセッサーを搭載した高速ストレージデバイスであっても、従来のシリアルI/O処理では、I/O処理が1コアごとに行われるため、CPUの待ち時間が長くなります。

SANsymphonyは、マルチコアプロセッサーの可変コア数をフルに活用してI/Oスレッドを並列処理する、特許取得済みのParallel I/O処理技術を採用しています。

詳細はこちら
  • より高速なコンピューティング処理につながる、I/O処理の高速化を実現
  • たった1台のマルチコアサーバーで多数のSANアレイに負荷を分散
  • ストレージハードウェアを増設することなく、スループットを向上
  • より多くのVM/サーバーを稼働させることができる高いワークロード統合率を実現
  • 大幅なコスト削減と時間短縮を実現(シリアル処理よりも最大で5倍高速)

ランダム書き込みをシーケンシャル書き込みに変換してパフォーマンスを改善

特にHDDでは、データが順番に書き込まれるのではなく、ランダムに書き込まれることがパフォーマンス上の問題として知られています。ランダム書き込みのたびに、HDDはヘッドを再配置しなければならないために時間がかかり、全体の書き込み時間が遅れ、IOPSに影響します。

SANsymphonyには、ランダムな論理アドレスでのランダム書き込みをシーケンシャル書き込みに変換する機能があります。これにより、すべてのインバウンド書き込みがディスク上のシーケンシャルパターンに整理されますが、データのランダムなレイアウトの認識は維持されます。書き込みのたびにディスクヘッドを再配置する必要がないため、SANのパフォーマンスが大幅に向上します。

詳細はこちら

SANsymphonyは、ランダム書き込みをシーケンシャル書き込みに変換します

SANsymphonyは、ランダム書き込みをシーケンシャル書き込みに変換します

ecsoミニケーススタディ

南オレゴン州の緊急通信は、Microsoft SQLベースのディスパッチアプリケーションを採用していましたが、動作が遅すぎました。これにより、警察、火災、その他の緊急サービスを、助を必要とする人々に提供する速度が遅くなり、命が危険に晒されることにつながっていました。

DataCoreを使用することで、SQL Serverの応答時間を20分の1に短縮することができました。このパフォーマンスの向上により、インフラストラクチャを統合し、コストを削減することが可能になりました。DataCoreを使用している今は、200ミリ秒という遅延はまったく見られません。

実際、ピーク負荷時のアプリケーションの応答時間は5ミリ秒以下まで下がっています。通常の負荷であれば、現在の応答時間は1ミリ秒以下です。

Corey Nelson, IT Manager
ケーススタディを見る

DataCore SANsymphony:パフォーマンスの向上にとどまらない

SANsymphony Software-Defined Storageは、パフォーマンスの向上に加えて、組織がストレージ関連のダウンタイムを削減し、ビジネスの継続性を向上させるのに役立ちます。さらに、異なるストレージシステム間でのシームレスなデータ移行を可能にし、ストレージ管理を簡素化します。

SANsymphonyは、異機種混在のストレージでも一貫したデータサービスを提供することで、ITチームが選択したストレージハードウェアを柔軟に組み合わせられるようにします。これにより、高額なSANアレイを新たに購入する前に、既存のインフラへの投資を最大限に活用することができます。

ストレージファブリックを、ビジネスの生産性にプラスの影響を与える高可用性とパフォーマンスを備えたマシンへと変換します。 

SANsymphonyを見る
Datacoreによるパフォーマンス向上

ソフトウェアディファインドブロックストレージであるSANsymphonyを使ってみましょう