検索
言語

オブジェクトストレージ

長期のデータアーカイブやコンテンツ配信のためのスケーラブルでコスト効率の高いストレージ

非構造化データをオンプレミスで大規模に管理し、分散アクセスを実現します。S3対応のオブジェクトストレージにコールドデータ、バックアップ、メディアファイルをアーカイブし、保護します。

DataCoreオブジェクトストレージ

オブジェクトストレージとは

オブジェクトストレージはオブジェクトベースストレージとも呼ばれるデータストレージアーキテクチャで、非構造化データを大規模に処理するように設計されています。ブロックストレージは、データを一意の識別子を持つブロックに分割し、ファイルシステムにてファイル階層でデータを管理するのに対して、オブジェクトストレージは、データをオブジェクトとして保存します。各オブジェクトは、自己完結型の個別データリポジトリとして機能し、オブジェクトのアドレスに使用されるグローバルに一意の識別子、メタデータ、データペイロード(または生データ)の3つの要素を持っています。メタデータにはデータペイロードに関する情報が含まれますが、保護ポリシーやカスタムメタデータなどのシステムデータを含めることもできます。

オブジェクトストレージとは:オブジェクトID、メタデータおよびデータ

データはオブジェクトと呼ばれる自己完結型のモジュール単位で保存されます。

オブジェクトは、ファイルシステムで一般的に使用されるフォルダや階層構造を持たないフラットな編成で保存されます。データベースのキーとバリューのペアと同様に、オブジェクトストレージでは、すべてのオブジェクトの一意の識別子(キー)を使用して、データのペイロード(値)を参照します。各オブジェクトに固有のメタデータはカスタマイズ可能で、 ファイル検索 、クエリ、インデックス、分析を合理化するのに役立つユーザー定義の属性を含めることができます。

オブジェクトストレージは、オブジェクトとして保存されたデータに簡単にアクセスするための名前空間を作成します。一般的に、オブジェクトストレージクラスタでは、グローバル名前空間が、ユーザーやアプリケーションのための単一の論理アクセスポータルを形成します。オブジェクトストレージでは、S3やHTTP(S)などさまざまなプロトコルでデータにアクセスすることができます。

IDCによると、世界の全データの80%が2025年までに非構造化データになるとのことです。これにより、すべてのデータをファイルストレージまたはオブジェクトストレージに保存できるようになります。コールド/非アクティブデータ、バックアップおよびレプリカ、コンプライアンスデータ、分析データ、メディアファイルなど、データを長期間アーカイブに保存する必要がある場合、通常はファイルストレージよりもオブジェクトストレージが選択されます。オブジェクトストレージは、ブロックストレージやファイルストレージに比べてコスト効率や拡張性に優れており、一般的にはオンプレミス、プライベートクラウド、または従量課金モデルのパブリッククラウドサービスとして導入されます。

オブジェクトストレージソリューションの評価

IDCのEric Burgener氏、およびDataCoreのオブジェクトストレージの専門家 ウェビナーを見る

オブジェクトストレージの主な機能

スケーラビリティ

スケーラビリティの実現

企業がオブジェクトストレージを使用する主な理由の1つは、かつてないほどの拡張性です。オブジェクトストレージクラスタは、テラバイトからエクサバイトまで拡張でき、何百万人ものテナントがアクセスする数十億のファイルを保存することができます。この場合、ファイルシステムにファイルを保存するのではなく、ファイルはフラットなアドレス空間にオブジェクトとして保存されます。

ファイル管理を低レベルのブロック管理から切り離すことで、オブジェクトストレージクラスタのすべてのディスクが名前空間に加わり、その上にデータサービスが階層化されます。このレベルの分離により、大規模な管理が非常に容易に行えるようになります。さらに、拡張可能なメタデータベースのデータ管理により、データへのアクセスが容易になります。オブジェクトストレージは、あらゆる容量のデータを扱うことができるという点で、実質的に無制限になります。

分散型アクセス

分散型アクセス

オブジェクトストレージを使用すると、S3やHTTP(S)、REST APIなど、さまざまなプロトコルやアクセス方法を介して、ユーザーやアプリケーションがコンテンツにアクセスできるようになります。分散アクセスでは、分散した場所にいる複数のユーザーが同時にファイルにアクセスすることができます。

ユーザーがオブジェクトレベルで変更を行う必要がある場合は、既存のオブジェクトを編集するのではなく、新しいバージョンのオブジェクトが作成されます。作成可能なオブジェクトのバージョン数は、多くの場合、管理者が設定できます。また、一定期間または無期限にオブジェクトやオブジェクトグループの変更を制限する、ポリシーベースのオブジェクトロック機能も追加されています。柔軟性のあるアクセス、編集、ロックにより、エンドユーザーへの真の分散型アクセスと、管理者の制御が可能になります。

カスタムメタデータ

カスタムメタデータ

オブジェクトストレージソリューションでは、メタデータ がデータに関する情報を格納し、データの検索やガバナンスに利用されます。オブジェクトストレージを使用すると、ユーザーはファイルのメタデータに任意のカスタム属性を追加することができます。

これにより、コンテンツの検索、インデックス作成、分析が容易になります。メタデータを使用して、データの保護および保存方法を定義する、オブジェクトレベルやバケットレベルのポリシーを設定することもできます。

データの耐久性

データの耐久性

データの可用性がシステムのアップタイムを意味するのに対し、データの耐久性は長期的なデータの保護を意味しています。オブジェクトストレージソリューションは、データの耐久性を確保し、単一障害点を排除するために、強力なデータ保護機能を提供します。

  • 1つまたは複数のノードにデータをレプリケートすることで、データコピーがシステム内または外部のDR(ディザスタリカバリ)サイトに同期的または非同期的にレプリケートされます。問題が発生した場合、オブジェクトストレージシステムは定義されたポリシーに基づいて自動的に追加コピーを作成し、データの冗長性を維持します。また、サイト障害が発生した場合には、DRサイトからデータコピーを回収します。
  • イレイジャーコーディングは、データをパリティ情報と組み合わせて、オブジェクトストレージクラスタにセグメント化して分散させます。データが失われた場合、データはイレイジャーコード化されたセグメントから直ちに再構築され、元の状態に復元されます。
不変性

不変性

これは、オブジェクトを不変(削除や変更ができない状態)にするオブジェクトストレージプラットフォームの機能です。不変性は、記録の保存とデータの整合性の維持に役立ちます。ユーザーがファイルを編集すると、新しいバージョンのオブジェクトが作成され、元のオブジェクトはそのまま保存されます。

脅威ベクトル(ランサムウェア攻撃など)が存在する場合や、誤ってデータを削除したり上書きしたりした場合、管理者は簡単に元のデータにロールバックすることができます。また、コンプライアンス規制では、データを消去や書き換えができないメディアに保存することが求められており、ファイルには特定の期間、訴訟ホールドが適用されます。不変性は、これらの要件をすべて満たし、オブジェクトストレージをWORM(Write-Once-Read-Many)に準拠させるうえで効果的です。

インテリジェントなデータ管理

インテリジェントなデータ管理

オブジェクトストレージの主なユースケースの1つは、経済的なアーカイブとしての使用です。ただし、これは単なる「安価で深い」ストレージというだけではありません。オブジェクトストレージは、作成から変更、削除、アクセス、コラボレーション、保護に至るまでのデータライフサイクルの管理に役立ちます。オブジェクトストレージは、レプリケーションによるデータのコピーの作成、ファイルのロックと暗号化、削除防止、アクセスコントロールの適用、豊富なメタデータによるファイルの検索、REST APIによるアプリケーションとの統合などをサポートします。

一部のオブジェクトストレージソリューションでは、コンテンツをローカルリポジトリにダウンロードすることなく、ストレージ層から直接ストリーミングできます。直感的なユーザーインターフェイスは、通常、ユーザーがインターネット経由でファイルにアクセスするためのコンテンツポータルとして機能します。これにより、オブジェクトストレージのユースケースは、アーカイブから、本格的なコンテンツ管理・配信プラットフォームへと広がります。

マルチテナンシー

マルチテナンシー

マルチテナントオブジェクトストレージアーキテクチャを使用すると、複数のテナント(内部ユーザーまたは外部サブスクライバ)とクラスタ全体でリソースを共有できます。これは、パブリッククラウドまたはプライベートクラウドのいずれかで、一元化された共有ストレージクラスタからクライアントのストレージリソースをホスティングしているサービスプロバイダーによく見られる実装です。テナントには、サブスクリプションのレベルに基づいて、データにアクセスするためのさまざまなレベルのアクセス権と制御権が与えられます。組織内でも、異なる部署が特定のポリシーに基づいてデータを保存および保護する必要がある場合には、データセンター内にマルチテナント型の構成を採用できます。

オブジェクトストレージのマルチテナンシーの主な特徴は以下の通りです。

  • ADやLDAPシステムなどのアイデンティティ管理システムとの統合により、アクセス制御およびセキュリティポリシーを導入
  • 容量使用量のクォータとメータリングにより、異なるテナント間の使用率を定義および管理する機能を提供
  • サービスプロバイダーの請求およびアカウント管理を支援する監査・レポート機能
  • エンドユーザーのセルフサービスオプションにより、詳細なアクセスコントロール、ユーザー権限、クォータなどを使用して、テナントレベルでデータ管理が可能

オブジェクトストレージのパフォーマンス ベンチマーキング

科学技術設備会議(Science and Technology Facilities Council)による
スーパーデータクラスタ環境の活用

ホワイトペーパーのダウンロード

Popular Use Cases for Object Storage

Here are some popular use cases of object storage catering to different industry requirements. There are numerous other applications of object storage in organizations and service provider environments.

アクティブなアーカイブ

Offloads data from primary NAS storage

Immutable Storage for Backups

Defends against data loss and threat vectors

Nearline Archive

Supports digital media workflows both in-facility and on-set (edge)

Origin Storage

For OTT/VOD services and content delivery

Medical Imaging Archive

Stores medical images, PACS, and VNA for healthcare sectors

Archive for Digital Asset Management

Protects assets, enabling low-latency access

Data Lake Storage

Handles massive workloads in research, big data, IoT, and AI/ML

Multi-tenant Storage

Facilitates various cloud service offerings (e.g., StaaS)

Long-term Data Preservation

Future-proofs content protection – no forklift upgrades

Alternative to Public Cloud and LTO Tape

Best-suited for online, on-premises data storage

ブロックストレージ、ファイルストレージ、オブジェクトストレージの違い

ここでは、ブロックストレージ、ファイルストレージ、オブジェクトストレージのアーキテクチャ、特性、適用性の主な違いについて説明します。

ブロックストレージファイルストレージオブジェクトストレージ
次の場合に最適ブロックストレージ:トランザクション性の高いデータ、低レイテンシのアプリケーション、データベース、VMワークロードファイルストレージ:分散型のファイル共有とコラボレーション、スケールアウトファイルシステムオブジェクトストレージ:分散型のコンテンツアクセス、配信、アーカイブ
データの保存方法ブロックストレージ:ディスクのトラックとセクター内のブロックにデータを分割ファイルストレージ:ディレクトリ/パスでフォルダ別にファイルを整理オブジェクトストレージ:自己完結型のオブジェクト
データ構造ブロックストレージ:ボリューム、LUNファイルストレージ:階層型オブジェクトストレージ:キー/値
データアクセスに使用される一般的なプロトコルブロックストレージ:iSCSIとFibre Channelファイルストレージ:NFSとSMBオブジェクトストレージ:S3/(S)
メタデータのサポートブロックストレージ:なしファイルストレージ:あり。固定のファイルシステムメタデータ。ファイルとは別に保存される。オブジェクトストレージ:あり。カスタムメタデータ。オブジェクトと一緒に保存される。
名前空間のサポートブロックストレージ:なしファイルストレージ:ありオブジェクトストレージ:あり
パフォーマンスブロックストレージ:非常に高いファイルストレージ:高いオブジェクトストレージ:高い(スループットに最適化)
スケーラビリティの実現ブロックストレージ:比較的低いファイルストレージ:高いオブジェクトストレージ:非常に高い
コストブロックストレージ:非常に高いファイルストレージ:高いオブジェクトストレージ:低い

DataCore Swarmオブジェクトストレージの利点

DataCore Swarmでは、アプリケーション、デバイス、エンドユーザーへのS3/HTTP(S)アクセスを許可しながら、データの管理、保存、保護機能を大幅に簡素化するオンプレミスオブジェクトストレージソリューションが提供されます。Swarmはデータアーカイブを柔軟かつ即時にアクセスできるコンテンツライブラリに変換し、リモートワークフロー、オンデマンドアクセス、大規模なスケーラビリティを実現します。

Swarmは、企業規模のデータ保護管理、整理、検索のためのプラットフォームを提供します。データを長期間保存したり、提供したり、分析したりするために、そのデータを別のソリューションに移す必要はもうありません。すべてのファイルをSwarmに集約すれば、探しているデータを素早く見つけられ、また継続的なハードウェアの改善とリソースの最適化によって総所有コストも削減できます。

Consumers

  • End-Users
  • Application & Web Services
  • Devices

Access Methods

  • S3
  • HTTP(S)

Operation & Insights

Command & Control

Any Mix Of X86 Servers

  • HDD
  • SSD

ソフトウェアディファインドオブジェクトストレージであるSwarmを使ってみましょう